ナビゲーションをスキップする

今週の特集は、プロボスト小学校4年生のヘイリー・ホランド先生です。ヘイリーは幼い頃から教師との関係を楽しみ、自分の生徒にも同じ影響を与えたいと考えていた。教えることは、常に新しいことを学び、経験する機会を与えてくれる。以下は、ヘイリーが教師である理由について書いたものである:

私が教える理由

ヘイリー・ホランド

前向きな人間関係を作り、他の人が新しい方法で考えるのを助け、個人として成長するために教えています。

私は生徒とポジティブな関係を築くために教えています。高校生の時、私の人生を変えた2冊の本を読んだ:土曜日からの眺め』と『水曜どうでしょう』だ。どちらの本にも、「自分の子どもたち」のニーズを満たすために時間をかけた教師たちの姿が描かれている。これらの本を読みながら、私は幼少期の教師との経験を振り返ることができた。私は、先生との関係をどれほど大切にしてきたか、先生たちが私を成長させ、一人の人間として学ばせてくれたかを思い出した。それが教職を選ぶきっかけになった。 (エッセイはビデオの下に続く)。

今では、生徒と良好な関係を築くことが、毎日教える原動力になっている。毎朝、生徒一人ひとりに挨拶し、入ってきた生徒と握手するのが楽しみです。個々の生徒のことを考えながら授業を計画するのも好きだ。例えば、ある生徒が集中力を持続させるためにもっと実践的な活動が必要だと思ったので、最近指導法を変えました。また、生徒の人生において前向きな指導者になれることも大好きです。ある生徒が最近、落ち込んでいるときにできることを計画した。私のところに来て話をすれば、私が助けてあげると書いたのです。生徒が私を信頼し、私が生徒の人生に良い影響を与えることができると知っていることが好きです。それが私が教える理由です!

私はまた、他の人たちが新しい方法で考えるのを助けるために教えています。4年生ではユタの歴史について学びます!私たちの基準のひとつは、ユタ州の歴史を通して人権がどのように変化してきたかを話すことです。今年は、ユタ州の日本人収容所について生徒たちに教えました。日本人の血を引いているというだけで、フェンスに囲まれた場所に移動して暮らさなければならないなんて、生徒たちには想像もつかないことでした。しかし、この難しいテーマについて学ぶにつれ、生徒たちは新しい方法で考えることができるようになった。例えば、ある生徒が目にした写真に意味を見出すことができた。彼は、収容所にいる生徒のクラスを見て、彼らが胸に手を当てて忠誠を誓っているのを見たのだ。生徒が言ったんだ。"彼らはおそらく、自分たちに正義がないことを知っていても、いつか本当にすべての人に正義があることを望んでいたから、宣誓をしたんだ "と。私は、生徒が新しい方法で物事を考え、より深いつながりを持てるようになるのを手助けするのが大好きです。それが私が教える理由です!

最後に、私は個人として成長し、向上するために教えている。これまでの人生で、教えることほど難しいことはありませんでした。しかし、新たな期待が私に課せられたとき、それは私が個人として向上する機会となっている。たとえば昨年、私は地区を通じてラーニング・ターゲットのクラスを受講しました。そこでは、すべてのレッスンで学習目標を設定することが課された。私はそれに挑戦し、教師として向上した!私に課された大きな期待が、向上心につながったのです。

他の先生方のサポートがあったからこそ、私も成長できたのです。私は3年目の教師で、2人のマスター・ティーチャーとチームを組んでいます。毎週、私はPLCで悩みを共有し、チームメイトが生徒を助ける方法を指導してくれます。先週は、生徒が分数に苦戦していたので、チームと戦略を話し合い、私のクラスで実践することができました。学んだことを実践しているうちに、教師としての自分が進歩し、生徒により大きな影響を与えているのがわかります。それが私が教える理由です!

結論として、私が教える理由は、良好な人間関係、生徒の考え方に影響を与える機会、そして個人として成長するためである。

Shauna Sprunger
  • コミュニケーション・コーディネーター
  • ショーナ・スプランガー

黒人歴史月間に加え、2月は当地区ではキャリア・アンド・テクニカルを祝う時期でもある。

ja日本語