ナビゲーションをスキップする

プロボ高校経営料理チームがプロスタート・ステート招待大会で優勝。

2018年3月6日に開催された全米大会に参加したチームは、プロボ高校のProStart Culinary Managementコースに在籍する生徒で構成された。 ProStart Culinary Managementクラスは、ユタ・バレー大学で高校と大学の両方の単位を取得できるコンカレント・エンロールメント・コースです。生徒たちは、ホスピタリティと料理芸術におけるキャリアの機会を得るための訓練を受ける。クラスのウェブサイトによると、「このコースは、科学・技術・工学・数学(STEM)教育で概説されている概念や基準の理解力を強化します。生徒のリーダーシップと競技イベント(FCCLA)がこのコースに組み込まれることもある。

プロスタート・ステート・インビテーショナルは、レストラン経営と調理技術に焦点を当てた全米規模の大会である。学生の各チームは、レストランのアイデア、メニュー、その他レストラン経営に関するあらゆる面を、業界のリーダーたちに提出します。提出後、審査員が全国大会に進む優勝者を選びます。全国大会の優勝者には、全米屈指の料理およびレストラン経営プログラムの奨学金が授与される。

プロボ高校の生徒のチームは、州招待で1位を獲得しました。生徒たちはそれぞれのプロジェクトに懸命に取り組み、その成果を非常に誇りに思っています。マネージメント・チームは、レストラン・コンセプト「グリーン・ライト・カフェ」で1位を獲得した。彼らは、アビー・チェンバーズ、ジェイコブ・カネギーター、ケイトリン・ペイス、ジャスティン・セビソン、ジュリアン・ヘシングの5名。彼らは2018年4月26日から30日まで、米国プロビデンスで開催されるナショナル・インビテーショナルに参加する。

全米プロスタート・インビテーショナルについては、プロスタートのウェブサイトをご覧ください。

Paige Simpson
  • ペイジ・シンプソン

黒人歴史月間に加え、2月は当地区ではキャリア・アンド・テクニカルを祝う時期でもある。

ja日本語