コンテンツへスキップ 翻訳メニューへスキップ

Miss.カウリー先生の1年生のクラスは、幾何学の知識を身につけるために「形作り」をしている。スマートボード、切り抜き、手の動きを使って、生徒たちは様々な図形の頂点や辺の数について学びます。

レッスンは多くのレッスンと同じように、ミス・カウリーがクラス全員をグループとして教えることから始まる。スマートボードには様々な図形の絵が描かれ、"頂点が6つの図形に○をつけなさい "といった問題が出された。ミス・カウリーがいろいろな生徒に声をかけ、ボードに近づき、クラスの助けを借りながら、問題に合った正しい図形に丸をつけた。

クラス全員が確実に理解できるように、カウリー先生は、ある規則に当てはまる図形を口にしたとき、生徒たちにジャンプさせた。例えば、"辺のない形と言ったらジャンプして "と言うのだ。そして、三角形や四角形などの図形を挙げていったが、円になるとクラス全員が空中でジャンプした。このアクティビティは、学習をチェックするだけでなく、より視覚的・運動感覚的な学習者にもアピールした。

グループ活動の後、生徒たちは袋に入った図形を渡され、紙になぞるように書かされた。紙は、丸い線の形とまっすぐな線の形に分けられた。クラスはカーペットの上に座り、それぞれのカテゴリーに当てはまる形をなぞった。その後、クラスは再びグループ分けされ、同じ活動をボード上で行った。

ミス・カウリーが用意したパケットに取り組むために机に向かうと、先生を含むクラス全員が、部屋の中にある丸い形をしたさまざまな物を指差した。パケットには、すでに取り組んでいたものと同様の様々なアクティビティが含まれており、これらのパケットは残りの週を通して取り組まれる。 

この日のレッスンは、1年生のコア・スタンダードである「定義的属性(例えば、三角形は閉じていて3辺である)と非定義的属性(例えば、色、向き、全体の大きさ)を区別する。

ミス・カウリーはインタラクティブで魅力的なレッスンを用意してくれた。短時間に多くの活動を行ったが、学習は決して急かされることなく、あらゆるタイプの学習者が教材を理解できるようにした。カウリー先生の双方向的な教授法に参加することで、生徒たちは現在の数学の概念を理解するのに必要なスキルを身につけ、将来の数学の概念を理解する能力を身につけることができた。

Shauna Sprunger
  • コミュニケーション・コーディネーター
  • ショーナ・スプランガー
ja日本語