ナビゲーションをスキップする

今週の特集は、フランクリン小学校4年生のジャニス・エドワーズ先生です。ジャニスはずっと教師になりたいと思っていて、一時はその夢をあきらめたこともあったが、努力と忍耐で自分を変えられることを学んだ。 ジャニスは、このような特質を生徒たちに教えたいと願っている。以下は、ジャニスが教師を志した理由について書いたものである:

私が教える理由

ジャニス・エドワーズ

教師は、なぜ教職に就いたのか、そして毎日教師を続けている理由は何かと問われるようだ。 私は若い頃、ずっと教師になりたかった。学校や学ぶことが好きだったし、自分の教室を任されるのが好きだった。いつの間にか、私はその情熱を失ってしまった。ある日、いとこが私に、教師になるには私は間違いなくせっかちすぎると言ったのをはっきりと覚えている。私は心の中で、"あぁ、その通りだ "と思った。そして私は夢をあきらめた。 (エッセイはビデオの下に続く)。

それから何年も経って、私は大学1年生として必死に専攻を選ぼうとしている自分に気づいた。良識的な」ビジネスクラスもいくつか検討したが、競争的で金銭的に追い込まれる分野で働くことにまったく関心がなかったため、一向に進まなかった。選択肢を探しながら、私は子供の頃の夢であった教職を振り返らずにはいられなかった。従兄弟の一言で夢を断念したあの日、私は知らなかったことを、大人になった今、理解した。自分にはなりたいものになれる力がある。私は変われる。それだけでなく、私はすでに変わっていた。失敗を通して学ぶことを厭わなければ、私は教師になれるのだ。

私が教えているのは、私が今知っていることを子供たちに理解してほしいからだ:自分がどうなるかは、自分が決めるのだ。失敗を恐れず、何かに失敗したからといって夢に到達できないわけではないことを理解した学習者になるために必要なサポートを与えたい。学ぶことはプロセスであり、時間と努力が必要だ。多くの子供たち、つまり私の生徒たちのような子供たちにとって、彼らが行きたいところに行くのを手助けしてくれる思いやりのある大人が一人いればいいのです。私は生徒たちにとってそういう存在でありたい。結局のところ、それが私が教える理由なのです。

Shauna Sprunger
  • コミュニケーション・コーディネーター
  • ショーナ・スプランガー

黒人歴史月間に加え、2月は当地区ではキャリア・アンド・テクニカルを祝う時期でもある。

ja日本語