ナビゲーションをスキップする

先週、ここプロボで開催されたユタ教育テクノロジー連合(UCET)会議には、プロボの教師、図書館員、管理職の優れたグループが参加した。今年の会議のテーマは "Connect "で、出席者は2年ぶりに直接会ってユタ州の学校における教育技術の将来について話し合う機会を得た。

基調講演を行ったジュアブ学区のコーリー・ヘンウッド氏は、優先順位の再起動と注意散漫の解消について語った。プロボの参加者は、パンデミック前やパンデミック中に生徒にとって本当に有効であったこと、例えば、ブレンデッド・ラーニングが提供できる差別化の機会を維持することに焦点を当てるセッションに参加する一方で、あまりに多くの異なるデジタル・ツールを使用したり、全く使用しなかったりといった、本当に有効でなかったことを手放すことに焦点を当てるセッションに参加し、会議全体を通してこの糸に気づいた。

エッジモント小学校の5年生教師、アン・ロバートソンは、「教師用のデジタル教材はあまりに多すぎるので、私が現在使っているデジタル教材に焦点を当てることにしました。レイクビューの幼稚園教諭、ロリ・サルカディは、「私の大きな "収穫 "は、自分にとって有効なものを1つか2つ選び、それを完璧にするために一生懸命努力することでした。教室にテクノロジーを取り入れるには、あまりにも多くの選択肢があり、さまざまな方法があるので、圧倒されてしまいます。 新しいことをたくさん取り入れようとするよりも、小さなことから始めて、1つか2つの基本的なことを積み重ねていく方が効果的だと思います」。

私たちは、ブレンデッド・ラーニングの改善、コンピュータ・サイエンスを教室に導入すること、そして私たちのコア・ツールであるCanvas、Nearpod、Google Workspace、Adobe Creative Cloud Express、Canvaをより効果的に使用することについてのセッションに参加しました。

プロボ高校のヒース・ウェスト特別支援教育教諭は、テクノロジー活用における直接的なビジョンの重要性を指摘した。地区のSTEMカリキュラム・スペシャリストであるエイミー・ローゼンヴァル氏にとって、基調講演のメッセージのひとつは特に意味深いものだった:生徒が失敗したとき、私たちは彼らに優しさを示し、改善を助けます。何か新しいことに挑戦して、思ったようにいかなかったら、少し休んで、また挑戦すればいいのです」。

Suzy Cox
  • スージー・コックス

黒人歴史月間に加え、2月は当地区ではキャリア・アンド・テクニカルを祝う時期でもある。

ja日本語