ナビゲーションをスキップする

ウィリアム・シェイクスピアの言葉が、生徒たちがハムレットを読んでいる間、ニコール・マリオットの演劇1の教室に流れている。ディクソン中学校の演劇と社交ダンスの教師であるマリオット先生は、古典戯曲の朗読を通して、学習目標をうまく活用し、生徒に演劇デザインについて教えている。

ハムレット』を読みながら、生徒たちはシェイクスピアを読む体験だけでなく、衣装デザインについても学んでいた。マリオット先生はまず、「衣装デザインを意識しながら戯曲を読むことができる」という学習目標を述べ、生徒一人ひとりに古典劇の役を割り当てて台本を読み進めた。

読書の後、マリオット先生は教室のiPadを使い、生徒たちに好きな時代と場所の衣装デザインについて調べさせた。これから数週間、生徒たちは『ハムレット』の男女両方の登場人物の衣装デザインを描くことになる。

教室内で学習目標を使うことで、マリオット先生は貴重な副教材を読みながら、授業の主旨に集中させることができた。

2016年11月14日

Kate Simpson
  • ケイト・シンプソン

黒人歴史月間に加え、2月は当地区ではキャリア・アンド・テクニカルを祝う時期でもある。

ja日本語