ナビゲーションをスキップする

マシェル・ストット先生のクラスのウェストリッジ6年生は、ChromeBookの目を通して世界を探求している。

このクラスでは、生徒が特定の国について調べ、発表する責任を負う、国別プロジェクトに取り組んでいる。このプロジェクトを通して、生徒たちはさまざまなデジタル成果物を作成しながら、効果的なオンライン・リサーチの方法を学んでいます。生徒が作成しているデジタル成果物には、スライドショー、ビデオ、QRコード、ウェブサイト(これは追加単位用)などがある。このプロジェクトのおかげで、生徒たちはChromeBookをさまざまな方法で活用できるようになりました。このプロジェクトでChromeBookを活用することで、生徒たちはGoogleDocs、GoogleSlides、GoogleClassroom、Adobe Spark、Google Sheetsなど、さまざまなオンラインプログラムを使用した。 

しかし、生徒が教室でテクノロジーを使うのは、このプロジェクトだけではない。マシェル・ストットは、約4年前にプロボ市学区に導入された「プロボ・ウェイ・イノベーティブ・ラーニング・イニシアチブ」に携わる教師の一人である。このイニシアチブの全体的な目標は、問題解決能力を通じて、デジタル化が進むこの世界で活躍できる生徒を育てることである。

ストット先生は、ChromeBookとGoogle Classroomを使用し、生徒がプロジェクトを作成し、課題を提出し、フィードバックを受けることで、この取り組みを教室で実践している。ストット先生は、生徒がすべての課題をオンラインで提出でき、授業で行った課題やプロジェクトに対するフィードバックを即座に受け取ることができるため、この取り組みによって教室全体が変わったと述べている。また、生徒が多くの便利なデジタル資料にアクセスできるようになったため、授業でのプロジェクトがより効率的で詳細なものになりました。

全体として、これらの生徒たちは、教室にテクノロジーを導入することで、プラスの影響を受けている。より整理され、効率的で、デジタル社会での生徒の将来に備える学習環境が整った。#ProvoGotSkills

Shauna Sprunger
  • コミュニケーション・コーディネーター
  • ショーナ・スプランガー

黒人歴史月間に加え、2月は当地区ではキャリア・アンド・テクニカルを祝う時期でもある。

ja日本語