ナビゲーションをスキップする

「ゾンビ・アタック」は、ワサッチ小学校の6年生が書いた数多くの物語のほんの一編である。その他にも、宇宙やドリーム・キャッチャー、あるいは個人的な物語を書く生徒もいる。どのようなテーマであっても、ベッツィ・イゾムにとって重要なのは、生徒一人ひとりが創造力を発揮して、自分らしい物語を書くことである。そのために、生徒たちは自分の考えやアイデアをグーグル・クロームブックに入力することから始める。

イソム先生は、6年生の今学期の焦点は、作文の上達とストーリー構成の理解を助けることだと説明する。また、編集について学び、ストーリーをより良いものにします。そこで便利なのがグーグル・クロームブックだ。このメディアを使うことで、生徒たちは自分の物語をクラスの他の生徒とオンラインで共有することができる。これは、他の生徒が自分の文章を相互評価し、改善のためのアドバイスを与えることができるため、役に立ちます。

改善は、この6年生のクラスの中心テーマであり続けている。実際、イソム先生と生徒たちは、「もっと良くしよう」というマントラを口癖にしている。たとえ彼らの文章がすでに良いものであったとしても、もっと良くすることは可能なのだ。

イソム先生のクラスの生徒たちは、来学期もサスペンス小説の執筆に取り組み、より優れた作家への道を歩む。グーグル・クロームブックを使いながら、生徒たちはサスペンスを維持するためのアクションに焦点を当てながら、物語をタイプしていく。

Madison Bliss
  • マディソン・ブリス

黒人歴史月間に加え、2月は当地区ではキャリア・アンド・テクニカルを祝う時期でもある。

ja日本語