ナビゲーションをスキップする

教育とは、決まり文句のように旅である-しかし、この格言を紐解くと重要なことが見えてくる。旅とは、調査し、探求することであり、新しい人々と出会い、彼らの道を歩むことであり、日没までに日の出時の自分とは違う誰かになることである。

旅行者なら誰もが直感する価値観であり、世界を旅するディクソン中学校の歴史教師、アリー・スチュワートのような優れた教師が日々心に留めていることでもある。 

私は9月にスチュワートにインタビューし、「なぜ教えるのか」を尋ねるとともに、どのように教えることに取り組んでいるのか、2023年に教師として直面する課題、そして入学してくる生徒と去っていく生徒への希望(予想通り、共感と関連している)を聞いた。

彼女のインタビューは以下から。

Q:では、教える理由は何ですか?歴史に興味を持つきっかけになった先生はいますか?

A: 正直なところ、私が教えたいと思うようになったきっかけは旅行でした。他の人々や他の文化について学ぶのが大好きなんです。

両親は私を全米に連れて行ってくれたし、大きくなってからはヨーロッパにも旅行した。

そして私は夏が大好きだ。教師は夏を楽しむものだ!私のように日本で1ヶ月過ごしたり、パリで1ヶ月過ごしたりできる人が他にいるだろうか? 

Q:歴史を教える際のアプローチについて教えてください。 

A: 生徒を引き込むために、彼らの背景知識を使うことを大切にしています。 

ちょうど昨日、ユタ州の3つの地域について話し合うレッスンを始めたばかりだった。マインクラフトに例えると、生徒たちはピンときたようだ。 

彼らの背景知識を利用することで、最初から納得してもらうことができる。

Q:今、学生を指導する上で何が課題になっていますか?

政治や世界、人々の信条。それをナビゲートするのは難しい。 

それに学習格差もある。読み方を知らない子供もいるし、スタート地点が違う子供もいる。

スペイン語で授業をしているようなものだ。ここに来てまだ1カ月しか経っていない生徒もいる!それは厄介だ。

Q:どのように1年をスタートさせますか?中学校の先生はどの単元から始めるのですか?

A: 標準に基づいた単元で、まずファースト・アメリカンから始めます。生徒の手に本物のものを触れさせるようにしています。陶器を触ったり、本物の矢じりに指を刺したり、モルカヘテでトウモロコシをすりつぶしたり。モルカヘテを使ってトウモロコシをすりつぶす。

Q:あなたのクラスから生徒たちに何を学んでもらいたいですか?

A:まず、彼らが歴史を学ぶことだ。「歴史に学ばないものは、同じことを繰り返す運命にある」というのは有名な言葉だが、それには理由がある。

内容を覚えてほしいのは確かだが、それ以上に重要なのは共感を学んでほしいのだ。

他の人の視点から学び、素敵な人間であることができれば......。

Q:最後の楽しい質問です:あなたが見ている、あるいはお勧めの正確でよくできた歴史ドラマはありますか?

A:今見ている韓流ドラマがとてもいいんだ。ミスター・サンシャイン』というドラマで、日本が支配していた20世紀末の韓国を描いているんだ。 

Spencer Tuinei
  • コミュニケーション・スペシャリスト
  • スペンサー・トゥイネイ
ja日本語