ナビゲーションをスキップする

最終更新日11月 15, 2023

方針草案第3330号:学生の包摂と尊重

定義

  1. インクルージョン(包摂):生徒の帰属意識とサポートを確保する実践
  2. 尊重:自分自身を含め、すべての人の良いところを探し、感情、権利、文化、伝統に配慮することで、違いを認める。
  3. 差別:ある人や集団を他の人や集団と不当に区別して扱う行為
  4. パブリック・フォーラム:言論、公開討論、集会の権利の自由な行使のために、長年使用されてきた伝統がある、歴史的に関連している、または政府の行為によって専用化された場所。
  5. 個人的見解:従業員が特定の宗教的または政治的見解を擁護しているように見せかけるスピーチ

政策の根拠

地区の職員と家庭が協力してプロボ市学区の児童を教育する中で、理事会は、"州内の児童の教育に対する第一の責任は保護者にあり、州と地方自治体の役割は、保護者がその責任を果たすのを支援し、援助することである "と認識している。ユタ州法 53G-10-204-2(d)

プロボ市学区には、経済的、言語的、文化的、政治的、人種的、宗教的多様性があります。学区の職員は、従業員が健全かつ肯定的な方法で違いを管理する方法を実践できるよう努めます。

教育委員会は、教室における優しさと尊重という普遍的な価値を支持し、すべての学習者と教育者にとって安全で包括的な環境が重要であることを強調します。教育委員会は、プロボ市学区の教育者が、安全で、尊重され、包括的で、親切な教室を作ることを信頼します。

パブリック・フォーラムとしての学校:

教室を含む学校は、政治的、宗教的、または個人的な見解を表示または配布するための公の場ではなく、従業員はそのような資料の掲示または表示に使用することはできません。

従業員の期待:

プロボ市学区の職員は、以下のことを行います:

  • すべての生徒のインクルージョンを推進する。つまり、生徒が帰属意識を持ち、サポートを受けられるように努力する。ユタ州教育委員会規則 277-328
  • 生徒一人ひとりの尊厳、価値、独自性を尊重する。これには、性自認と表現、市民的地位、家族構成、性的指向、宗教、年齢、障害、人種、民族性、社会経済的地位、文化などが含まれるが、これらに限定されない。
  • 生徒の精神的、知的、身体的安全を促進する環境を確立し、維持する。
  • 生徒の健康、安全、幸福を促進し、尊厳と敬意を持って生徒に接することで、プロフェッショナルな教育者と生徒の関係を維持する。
  • 生徒または教育者の性別、人種、宗教、性的指向、性自認、またはその他の保護される階級に属することが、他の性別、人種、宗教、性的指向、性自認、またはその他の保護される階級と比べて本質的に優れている、または劣っていると示唆することは避ける。ユタ州教育委員会規則 277-328
  • 特定の宗教、教派、宗派、不可知論者、無神論者の信条や見解を支持、宣伝、または中傷するために、その地位を利用しないこと。

校長と職員は協力して、これらの期待に関する個々の懸念や疑問に対処する。

生徒の期待

プロボ市学区の生徒は、方針3214と3320に記載されている非差別と学校の安全に関する方針に従うことが求められます。

従業員トレーニング:

プロボ市学区は、ユタ州教育者職業基準の州主導による見直しの一環として、これらの期待について職員に毎年研修を行い、ユタ州に対して毎年見直しを行うことを文書で保証しています。

ja日本語