ナビゲーションをスキップする

8月最初の火曜日、ウェストリッジ小学校の4年生、エミ・キムが15冊の本をフランクリン小学校に寄贈した。この本は、彼女がこの夏一番の暑さだった7月8日に企画したレモネード・スタンドとベイク・セールの収益金で購入したものだ。

エミはいつもムーランに憧れていた。ディズニープリンセスが祖国を守るために戦う姿を見るのが大好きだった。彼女の強さに、エミも強くなりたいと思った。彼女はテコンドーを習い、ムーランのように強くなるように母親を説得した。

「ムーランのような力強い戦士になりたいと思ったのは、映画の登場人物で自分に似ているのが彼女だけだったからだと思う」とエミは説明した。彼女は、自分が接するメディアにおいて、ロールモデルの選択肢が限られていると感じていた。「本では、白人が主人公の割合が一番高い。有色人種をすべて合わせても、動物などが主人公の本には及ばない」と、ピンクの泡に包まれたタブレットでプレゼンしているパワーポイントのスライドの棒グラフを指さしながら、エミはスマートに説明する。

恵美は、自分が接するメディアから自分が見えていないと感じていた。自分がそう感じているから、他の人たちも同じように感じているのだと思った。また、自分と似ていない人について学び、感謝するためのロールモデルも限られていた。"私たちは皆、思っている以上に似た者同士なのだと子供たちに気づいてもらいたい"

これが彼女の解決策につながった。真夏にレモネード・スタンドをすれば、彼女の地元の学校に十分な数の本を買う資金を集めることができる。

彼女の目標は、レモネード・スタンドで$150を集めることだった。彼女はこの金額で学校の図書館に15冊の本を買うことができると考えていた。

アイデアはすべてエミのものだった。彼女の母親は彼女をサポートし、細部やロジスティクスを手伝ってくれたが、先頭に立つのはエミのプロジェクトだった。

友人、家族、近所の人たちにプロジェクトのことを話したところ、彼女はvenmoで$65の寄付を集めた。スタンドが立ち上がる前にプロジェクトの資金が集まったことで、プロジェクトは順調なスタートを切った。恵美にとって、何も買わずに協力してくれる人がいることは励みになり、また驚きでもあった。

レモネード・スタンドは1日で終わる予定だった。プロジェクトのゴールまで$85を集めればいいということがわかったことで、ゴールのイメージはより簡単になった。

もちろん、心配することは何もない。

レモネード・スタンドとベイク・セールでは、一日を通して$350以上の寄付金が集まった。しかし、プロジェクト全体としては$762を集めた。収入はいくつかの異なる手段からもたらされた。レモネードの売り上げもあった。恵美は、多めのお札で支払い、お釣りはとっておいてと言う人の多さにショックを受けた。また、見返りを求めずに寄付をしてくれる人が増えたことにも驚いた。みんなの熱心な寄付のおかげで、その日の暑さは強烈だったにもかかわらず、耐えられるものになった。

「一日の終わりには、あまりの暑さに自分たちのレモネードをたくさん飲んでしまいました」とエミは告白した。それでも彼女は頑張った。

その日の収穫を手にし、レモネードとベイク・セールのことを伝え始めてから集まったお金で、エミは目標を$500以上上回った。恵美は、自分の学校のために購入する本の量を増やすのではなく、他の学校にも本を届けたいと考えた。こうすることで、彼女の努力と地域社会の寛大さが、ウェストリッジ小学校だけでなく、より広い地域の文化的に多様な子供たちに影響を与えることができるだろう。

彼女は地区内のティンパノゴスとフランクリン、そしてウェスト・ジョーダンのマジェスティック小学校の2校を選び、それぞれの学校に本のリストを寄贈した。第一弾の本を購入して以来、さらに寄付が寄せられている。現在、もう一冊の本の寄贈先を探している。

彼女が提供した本の中で最も気に入っているのは、ジョアンナ・ホーの『隅でキスする瞳』だ。彼女はすでにこの本が大好きだったからだ。というのも、彼女はすでにこの本が大好きだったからだ。

恵美の努力は、彼女のコミュニティをより良い場所にした。彼女が自分のできることをしようと決めたおかげで、彼女の学校だけでなく、地区や州の他の学校も、幅広い層のための豊かな図書室を持つことができた。さらに、彼女のエネルギーとやり遂げる姿勢は、周囲の人たちにも、みんながひとつになるような形で貢献する手助けをする道を提供した。

プロボ市学区は、エミ・キムが学区内の学校の一員であることを誇りに思っている。彼女の努力を支援するため、プロボ市学区は彼女の本のリストを取り寄せ、学区内のすべての図書館に置くようにしている。一人の人間が、どんなに若くても、どんなに小さくても、周囲のコミュニティの生活に良い影響を与えることができるのだ。

ウェストリッジの中学1年生の卒業生が、地元の図書館でさまざまな本を購入するために、リボン皿から寄付金を集めている。

一昨年の第一火曜日、ウェストリッジ小学校4年生の金恵美さんは、フランクリン小学校に15冊の本を寄贈した。これらの本は、7月8日、この冬一番の冷え込みとなった日に企画・開催されたリボン・ケーキ・セールの収益金で購入された。

エミはずっとムーランに憧れていた。ディズニーのプリンセスが、自分の国を守るために戦う姿を見るのが大好きだった。その力強さに、エミもまた力強くなりたいと思った。恵美がテコンドーを習い、ムーランのように強くなるよう、母親に説得した。

「ムーランのような屈強な闘士になりたかった理由は、私たちの映画の中で、私に似ている唯一の主人公だったからだと思う」とエミは説明した。エンターテイメント・プログラムに出演できるモデルは限られている。「主人公の中で最も多いのは、黒人である。でも、動物やその他のオブジェを主人公にした本では、有色人種を主人公にすることはできません」と、恵美は、パワーポイントのダイアポジットの棒グラフを、赤いテーブルの上に表示しながら、熱心に説明した。

エミは、自分がアクセスできるエンターテイメント・プログラムでは、自分自身を見ることはないと感じていた。そのように感じていたので、他の人たちも同じように感じていると思った。また、自分とは似ても似つかない人たちを知り、理解するための行動モデルも限られていた。"私たちは皆、思っている以上に同じなのだ "ということを、子供たちに教えてあげたいのです」。

その結果、ある解決策が導き出された。春にリモナーダを売ることで、地元の学校に十分な数の本を買うための資金を得ることができ、その結果、さまざまな文化を表現することができるようになった。

その目的は、リモナーで150ドルを回収することだった。この金額は、学校の図書館で15冊の本を買うのに十分だと計算していた。

このアイデアはエミのものだった。彼女の母親は手伝ってくれたし、細部やロジスティックを手伝ってくれたけど、プロジェクトはエミのものだった。

友人、家族、友人とこのプロジェクトについて話した後、Venmoで65ドルを寄付した。このプロジェクトの一部が、プロジェクトが開始される前から資金提供されていたことで、このプロジェクトは大きな成功を収めてスタートした。恵美にとって、人々が何も買わずに援助してくれるということは、感動的であり、また驚きでもあった。

リモナーダの試食は1日がかりだった。このプロジェクトの目標を達成するために必要な資金が85ドルであることが分かったため、目標一覧表がより見やすくなった。

もちろん、絶対的に心配する必要はなかった。

この日、リモナーダと菓子パンの販売で350ドルを売り上げた。とはいえ、プロジェクト全体では762ド ルを回収した。収入はさまざまな形でもたらされた。そのうちのひとつはリモナーダからでした。エミは、もっと大きな紙幣で支払う人の多さに驚嘆し、そのお釣りに驚いたと言った。また、より多くの人が、何ももらわずに寄付をしていることにも驚いた。皆の貢献への熱意が、その日の気温を、その激しさにもかかわらず、持ち運び可能なものにした。

"一日の終わりの頃、私たちは自分のリモネードを大量に飲んだの。それでも、我慢した。

その日の結果、そしてリボンやお菓子の販売を始めてから回収したお金で、エミは目標を500ドル上回った。エミは、学校用の本を買い足す代わりに、他の学校にも本を届けることにした。そうすることで、ウェストリッジ小学校のように地理的に広大な地域の多様な文化的背景を持つ子供たちに影響を与えることができるのです。

ティンパノゴスとフランクリン、ウェストジョーダンのマジェスティック小学校という同区の他の2つの学校も挙げ、それぞれに同じリストを寄贈した。最初の文庫を購入してから、さらに多くの寄付を受けている。家を探している人たちのために、別の本もあります。

いただいた本の中で最も気に入ったのは、ジョアンナ・ホーの『隅でキスする瞳』です。彼のリストの一番最初にあった本で、とても気に入りました。彼女にとって最もインパクトのある本だったようだ。

エミの努力によって、地域はより良い場所になった。できることをしようという決断のおかげで、この学校は、郡や州の他の学校と同様に、より多くの人口集団のための、より豊富な蔵書数を誇る図書室になった。加えて、そのエネルギッシュさと、それを達成しようとする姿勢は、周囲の人たちが、皆をひとつにする形で貢献するための道を提供した。

プロボ市立学校区は、金恵美さんを学校の一員として迎えられたことを大変嬉しく思っています。彼の努力を支援するために、同区は彼の本のリストを作成し、同区のすべての図書館に置かれるようにした。この歴史は、重要な教訓の一例である:若かろうが小さかろうが関係なく、一人の人間が地域社会の生活を向上させることができる。

Alexander Glaves
  • ソーシャルメディア/マーケティング・スペシャリスト
  • アレクサンダー・グレーブス

黒人歴史月間に加え、2月は当地区ではキャリア・アンド・テクニカルを祝う時期でもある。

ja日本語