ナビゲーションをスキップする

ティンプビューの化学教師、ディナリ・カルナラトネの場合は、ロック・アンド・キー・モデルで、酵素とその反比例の形をした基質のように学校にフィットする教師もいる。 

例えはどうであれ、彼女はより深い学習と、卒業後に科学のキャリアやコースを履修する生徒の増加につながる連鎖反応を引き起こした。

教師である母親が築いた家庭で育ったディナリは、母親の跡を継ぎたいと考えていた。ディナリは2014年、教師が途中で辞めたのをきっかけに教師としてのキャリアをスタートさせた。スリランカから来た彼女は、UVUで資格を取得する傍ら、ティンプビューを選んだ。代用教員として教壇に立っていた時期もあり、生徒たちのことは気に入っていたが、教室を作ってすぐに絆を感じたという。今では生徒も仕事も大好きで、後戻りはしていない。

「教えるということは、毎日が違うということです。「私は科学者として研究室に入ることもできたが、多くの科学者にとっては毎日が同じだ。教師にとっては、毎日がユニークなのです。ティーンエイジャーは忙しい探検家で、いつも立ち上がっている。そして私も常に立ち上がっている。私はいつも忙しい。教えることは、私を生き生きとさせてくれるのです」。

ディナリによれば、様々なラボ、デモンストレーション、少人数グループワーク、仲介による直接指導など、クラス間で繰り返される内容にかかわらず、毎日が異なるのだという。また、生徒のニーズは一人ひとり異なるため、ディナリは少人数のグループワーク、集中的なノートテイキング、自分のペースで進められる単元学習のためのキャンバスの効果的な利用などを通じて差別化を図っている。生徒たちは保存した教材を見直し、協力し合い、コースワークを再履修することで、自分の望む成績を取ることができる。彼女は授業構成を通して生涯学習のモデルを構築し、生徒たちは彼女の指導の下で成果を上げている。

化学は難しい授業というイメージがあるが、ディナリはどんな生徒でもマスターできると信じている。生徒のチームが交互にブラックボックスの中のものを感じ、仲間からの質問に答えながら、観察結果に基づいて箱の中身について仮説を立てるのだ。その授業から科学的方法へと移行し、化学の学問的キャリアをスタートさせる生徒の学期が始まるのである。

現在大学に通っている元生徒たちは、何年にもわたって彼女の教室に戻り、大学進学の準備をしてくれたことに感謝している。この経験こそ、教師が望む最大の報酬だとディナリは言う。

ありがとう、ディナリ・カルナラトネ。

Spencer Tuinei
  • コミュニケーション・スペシャリスト
  • スペンサー・トゥイネイ
ja日本語