ナビゲーションをスキップする

ディクソン・ミドル校のLiA(Latinos in Action)クラブのように、生徒や教師が感謝と自己分析を実践することはめったにない。ルーシー・オルダス・サンチェスを顧問兼ガイドに、生徒たちは感謝の気持ちを捧げ、多文化・多文化な生徒としての生活を探求する作文を通して、自分たちの多文化・多文化な経験について考えました。

彼らの名前を共有することはできないが、彼らの言葉や声を共有することはできる。これは、読むに値する感謝、自己観照、自己表現の供物であり、私たちは、生徒たちが自分たちの生きた経験から、またそれについての物語を分かち合ったことを称賛する。 



ラテンアメリカ人であるとはどういうことか?

"ラテンアメリカ人とはどういう意味ですか?"というのは、とてもよくある質問です。ラテンアメリカ人であるということは、単なるラテンアメリカ人ということではなく、文化を意味します。文化とは、食べ物、ダンス、家族、伝統など、自分自身を表現する方法です。ラテンアメリカの文化はすべてが美しい。私はラテンアメリカ人であることが大好きです。茶色で、茶色の目をしていて、ウェーブのかかった髪をしているのが好きなんだ。すべてのラテンアメリカ人がそうだとは限らないけどね。直毛のラテンアメリカ人、明るい肌、暗い肌、目の色が違う、背が高いなどなど。ラテンアメリカの文化は何世紀にもわたって続いてきた。

マヤ人、アステカ人、インカ人が道を切り開いてきた。彼らのおかげで今の私たちがある。私はラテン系アメリカ人の代表として、彼らが良い気分になるようベストを尽くしています。ラテンアメリカ人であることの意味は、すでに語られた以上のものがあります。恥じることではないのです。私の家族も、他の家族も、より良い生活を送るために国境を越えてきた。私の家族はあまり伝統的ではなく、私はいつも母に自分の文化を表現し、愛するよう勧めている。困難や嫌な経験をしたために、そうしたくない家族もいるだろうし、違う家族もいる。 

この社会では、ラテン系の家庭にいることは虐待であり、どの家庭も同じだと思われている。しかし、それは真実ではありません。ラテンアメリカ人である以上、得られるチャンスは他の人より少ない。自分がラテンアメリカ人であることに満足している限り、そんなことは問題ではないし、ラテンアメリカ人であることを理由に他人に拒絶されたら、それが間違っていることを証明すればいい。

ギターの弦をかき鳴らす音、トランペットの音、ラテン系の美しい歌声、そして音楽を聴くのが大好きだ。マリアッチ、バンダ、レゲトン、クンビア、ラテンポップなど。タコス、キャンディー、トルティーヤなど、おいしい食べ物も大好きだ。テレノベラはいつもドラマチックだ。100人のティアス、50人のティオス、そしてそれ以上のいとこがいても、家族。彼らと一緒に遊んだり、話したりするのはいつも楽しい。 

ラテンアメリカ人であることの意味は、あなたが考えている以上にとても大きい。あなたがどこの出身であろうと、あなたの家族がどこの出身であろうと、その背景には必ず多くの歴史があり、それを学ぶことができる。私たちの両親は、私たちが "アメリカ人 "であるために、そしてアメリカにいるために、たくさんのことをしてくれました。でも、心の奥底にはいつもラテン的な部分があるはずです。



個人的には、ラテン系アメリカ人とは、自分もそうであること、自分のルーツを守ること、自分の文化を他の人に伝えることに抵抗がないこと、自分の国であることに問題がないこと、自分の伝統を感じ、それを捨てないことだ、自分たちのルーツからもっと学ぶこと、自分たちの文化を楽しむこと、自分たちの故郷に愛着を持つこと、自分たちのルーツを守ること、自分たちの文化を大切にすること、自分たち以外の人たちと違うこと、自分たち以外の人たちと違う文化を持つことに憤慨しないこと。

さらに言えば、バイオカルチュラルな人間であることは決して悪いことではなく、もっと多くを学び、残りを学び、新しい文化を学び、それを自分の文化として管理し、今いる自分以上の存在となり、1つだけでなく、2つの異なる文化を同時に教えることができる、それがバイオカルチュラルな人間なのだ。



ラテンアメリカ人であることは、忍耐を知ること。犠牲の払い方を知ること。物事に対処する方法を知ること。ラテンアメリカ人であることは、私にとって超重要なことです。自分の文化が私に示してくれたことに感謝している。何をやっても批判されるということを教えてくれた。それは人生だから、放っておくしかない。 

これらの "食べ物"、言葉、肌の色、音楽、訛りなどと共に成長するのは本当に大変だった。私は文字通りいじめられた。"髪が乱れすぎ "とか、"肌が黒すぎる "とか。子供たちは、私が何をしようと黙っていなかった。大人になってから、私は透明人間になりたかった。自分のしたことの何がそんなに悪いのか理解できなかった。 

年をとって、私とまったく同じことを経験しなければならなかった人々が、黙っていない馬鹿な子供たちのせいで、どれだけ自分たちの文化を嫌っていたかを聞くと、本当に悲しくなる。彼らのコメントや笑いを無視することを教えてほしかった。今の子供たちにもそう教えてほしい。今の私の年齢では、自分の文化や言語、食べ物に対する不安はもうない。ラテンアメリカ人であることの困難を克服することを学んだことを誇りに思うし、それらを無視することを選んで本当によかったと思う。 

ラティーノ・イン・アクションに参加することを選んだのは、自分が自分であることを誇りに思うからです。ラテンアメリカ人であることは、そうでないことを伝えることです。ラテンアメリカ人であることは、そうでないことを伝えることなのです。最近では、私たちはいまだにボーダーホッパーなどと呼ばれています。冗談だとしても、それはよくない。みんな明らかに何も学んでいないし、いつか自分たちがしていたことに気づいてほしい。私はラテンアメリカ人であることに感謝している。



私にとってラテンアメリカ人であることは、世界中の最高の文化の一部であることであり、最高であることを意味し、ラテンアメリカ人であることは、世界のカーニバルや素晴らしいお祭り、最も素晴らしい国、最も活気に満ちた国の一部であることであり、ラテンアメリカ人であることは、最も素晴らしい伝統を持つことであり、ラテンアメリカ人であることは、必要なときに他の人のそばにいることであり、ラテンアメリカ人であることは、ラテンアメリカ人であることである、ラテンアメリカ人は壮大な国から小さな国まで、ラテンアメリカ人はポルトガル語からフランス語まで、ラテンアメリカ人は最高のものを、ラテンアメリカ人は世界の最高の料理、最高のレストラン、最高の文化を、ラテンアメリカ人は困難や多くの問題を通過することもできる、しかし、もしあなたがラテンアメリカ人であるなら、それは一時的なものであり、悪いことは終わりを告げ、幸せな人生を送ることができると知っている、ser latino es tener ingenio para hacer lo que te propongas, ser latino es de lo mejor, ser latino es "lo mero bueno", ser latino es saber que todo es pan comido si te lo propones, ser latino es de las majores cosas del mundo, ser latino es tener de las mejores fiestas del mundo, las mejores navidades, los mejores carnavales, ser latino es lo mejor.



私にとってラテンアメリカ人であることは、自分が何者であるかを誇りに思うことだ。ラテンアメリカのルーツを持ち、それを代表し、偉大で興味深い文化を持っていることを本当に誇りに思います。メキシコで生まれたわけではないけれども、メキシコを代表し、メキシコについてもっと学び、いつかメキシコを訪れて、両親が幼少期に話してくれたメキシコのすべてを見ることができるようになりたい。また、私にとってラテンアメリカ人であるということは、1つの文化を代表するだけでなく、2つの異なる文化を代表するということでもあります。 

私は自分がラテンアメリカ人だと言えることが好きです。自分がラテンアメリカ人であることを恥ずかしいとは思いません。ラテン・アメリカ人であることを誇りに思うもうひとつのことは、人生で出世するために働き、人生で誰かになりたいと思っている勤勉な人々がたくさんいることです。そして、私がより良い人間になれるよう、両親が毎日懸命に働いてくれていることです。私は毎日目覚め、ラテンアメリカ人であることを誇りに思う。そして、ラテンアメリカ人であること、それが私にとっての誇りなのです。


私にとってラテンアメリカ人であることの意味は、多くの機会に恵まれることであり、それは正直なところ特権である。他のラテン諸国では、多くの人がアメリカに行く機会がなく、成功するチャンスもほとんどない。アメリカでは、ラテン系ということで、多くのアメリカ人が好まないようなチャンスがたくさんある。2ヶ国語を話せるというのは幸せなことです。でも、ラテンアメリカ人はラテン系というだけで受け入れられないことがある。

食べ物、音楽祭、イベント、家族など、自分が何者であるか、自分の文化を誇りに思うことを意味する。メキシコ人であることを誇りに思い、素晴らしい文化を持っていることを楽しみ、自分の文化が何であるか、何をしているかを楽しむこと-ラテンアメリカ人であるということは、自分たちのルーツや歴史と深いつながりを持つということです。スペイン語であれ他の言語であれ、私たちの言語についてです。ラテンアメリカ人は音楽、芸術、映画で知られています。 

ラテンアメリカの料理はおいしく、タコスやタマレス、ポソーレといった料理は、それがどこの国の料理であるかを人々が自動的に知ることができるため、私たちの遺産を代表する料理である。メキシコ人であることを公表している有名人がいることは、私たちの国と遺産を認識し、私たち自身を愛する特権です。大都市、素晴らしい景色、そして何よりもメキシコをメキシコたらしめているのは人々だ。メキシコは時に歓迎される場所であり、とても人気のある場所です。 


Para mi se significa una maravilla porque siento que me divierto mas representando mi país y me gusta porque que mi sangre es latina yo siento que la sangre latina esta en mi sangre porque me gusta mas latino américa porque alla es donde naciy me crie con toda mi familia y aya ise mi infancia con primos y amigos porque jugabamos canicas en la tierra y tambien asia otras cosas porque tenia ganado yo en mi casa tenia una vaca y dos chivos que uno era bravo porque peleaban con el otro.


ラテンアメリカ人であるということは、もしかしたらメキシコ生まれではなく、メキシコ人の血を引いているということかもしれない。 

私はアリゾナで生まれたが、幼少期はメキシコに家族がたくさんいたので、よくメキシコに行った。 

母はいつも書類を持っていたわけではなかったが、父は持っていた。だから父は、母が生まれた場所や家族を訪ねることができるように、母が書類を手に入れるのを手伝ってくれた。ラテン系の人たちはみんな、生まれた場所や生まれなかった場所、服装や話し方、肌の色など、常に批判されていると思う。バイカルチュラリズムはまた、自分がどこから来たのか、自分は何者なのか、先祖が自分のためにどれだけ犠牲を払ってくれたのかを忘れないようにするものでもある。私たちは自分たちの文化を賞賛し、愛さなければなりません。決して恥じたり、恥ずかしがったりすべきではありません。私たちには美しい伝統のある美しい文化があります。 

私たち一人ひとりにメキシコの血が流れていて、それは決して消えることはないのだから、この美しい文化を受け入れるべきなのだ。私の祖父母は、私たちが最高の人生を送れるようにと、私の兄弟や両親のために多くの犠牲を払ってくれた。住むところもなく、お金も食べ物も何もない状態でアメリカにやってきた。私が今日あるのは、彼らのおかげです。私は2人のおばあちゃんをとても尊敬しています。二人のおばあちゃんは、私が大人になったときになりたい人たちです。彼らのおかげで、私は最も素晴らしい両親を持ち、素晴らしい文化を持つ美しい家族の一員になれた。祖父母の代わりに、両親が何も持たずにメキシコからアメリカへ旅立った人もいる。



メキシコで生まれたとはいえ、人生の大半はアメリカで過ごした。 

小さい頃から、メキシコ人は働き者だから、私は力仕事をしなければならなかった。そして友達が遊びに行くときは、いつも私が先にやっていた。彼らはいつも、芝刈りや犬のフンの始末など、私がするような家事はしたことがないと言っていたのを覚えている。彼らがする唯一の雑用は自分の部屋の掃除で、その対価としてお金をもらっていると言っていた。 

でも、家事をしたときのご褒美は、母がおいしいお酒や料理を作ってくれることだった。私はお金よりもそれを選んだ。今となっては勤勉さの価値を知っているので、そのことに感謝している。夏にはいつも肌を褒められた。だから、自分や自分の肌を恥ずかしいと思ったことは一度もない。 

幸いなことに、私の母はすぐに英語を覚えるので、スペイン語で何かを教える必要はない。でも、親に通訳してくれる人がいることも知っているし、時には親が通訳したくないと思うこともある。だから、私は母が英語を学べたことに感謝している。時々、この単語はどういう意味なのかとか、英語では何と言うのかとか聞いてくるけど、全体的には英語が得意なんだ。


僕にとって、ラテンアメリカ人であることは特別なことなんだ。ラテンアメリカの文化や、ラテンアメリカとは違うやり方をするところが好きなんだ。食べ物も伝統も大好きだ。私たちのことを理解してくれない人や、私たちが経験することを経験できない人もいるからね。私たちの文化では、親が厳しかったり、信仰が違ったりすることもある。私は自分の文化に感謝しているし、愛している。例えば、クリスマスには教会に行き、食べ物やアクティビティを楽しみます。 

私は、私たちの文化が互いに支え合い、家族の再会を支援し合っているのが好きだ。私たちの人種や文化のほとんどはカトリックだ。そうでないものもある。 

たいていの場合、クリスマスやお正月には、食べ物はタマーレス、ポソーレ、メヌードを作り、飲み物はホルチャータとアグア・デ・ペピーノを作ることができる。もう一つの飲み物の名前は忘れてしまいましたが、アグア・デ・イットという赤紫色の飲み物です。時々、年配の人たち、主にお父さんやおじさんたちのためにセルベッサがあるんだ。たしか1月だったと思うけど、ロス・スリー・マゴス・レイエスという祝日があって、ロスカを食べるんだ。もし自分のピースから赤ちゃんが生まれたら、2月何日かにタマーレスや残りの人たちのための食べ物を作らなきゃいけないんだ。 

年に一度、私の教会でこの劇が上演され、劇が終わった後、聖母の後ろを歩くんだ。私の叔父や従兄弟も劇に参加することがある。その劇はディオスに何が起こったかを描いたもので、見ていて悲しくなる。彼らはまるで本物のように十字架を持って歩く。また、聖母の誕生日には、花を持って行って、それなりの服を着て、羽のラ・ダンカで踊る人たちがいた後に教会で踊ります。私はラテンアメリカ人であることが大好きです。ノーサボの子供でも、自分の文化が大好きなんだ。 

メキシコで学んだことのひとつは、ノーセールと言えば車が来るということだが、ノーセールと言えば車が来ないということで、曲がるのも進むのも自由ということだ。混乱するので、間違えないようにしないと、事故るなど悪いことが続く可能性がある。メキシコでは葬儀のやり方が違うのが好きなんだ。とても美しい。そうですね、たくさん歩きます。故人の後ろにある教会まで歩き、教会の後は墓地まで歩く。最後のお別れをし、埋葬し、音楽を流す。


私にとって、ラテンアメリカ人であるということは、一族に受け継がれている伝統があるということであり、家族と一緒にいることが多いということだ。しかし、私たちは本当に家族と仲が良いのです。すべての家族とは仲が悪いかもしれませんが、多くの家族とはとても仲が良いのです。時々、人々は私たちの家族が私たちに虐待をすることができると考え、人々は私たちにいつも意地悪をしていると信じます。私たちの家族はいい人たちだが、時には私たちは、彼らが私たちに与えるしつけに値することもある。それでも私たちはそうしないし、そうするときは、私たちがしたことは間違っていて、二度と同じことをしてはいけないと教えようとしているからなのだ。  

また、ラテンアメリカ人であるということは、勤勉で何らかの仕事をするということでもある。食器洗いや部屋の掃除など、家の周りの掃除を手伝わなければならない人もいるし、必要な時にはお父さんとお母さんを助けるために家の掃除をする人もいる。いつも掃除をしなければならないわけではなく、親と一緒に仕事ができる人は、親と一緒に仕事をしようとする。放課後に両親と一緒に仕事をし、両親がお金を稼ぐのを手伝い、自分たちもお金を稼ぐのです。ラテンアメリカ人であるということは、時には単純なことでも一生懸命に働くということです。両親が望むような働き手になれるよう、いつもベストを尽くしています。

ラテンアメリカ人であることを意味するもう一つのことは、私たちがどれだけ多くの家族を持っているかということだ。私たちにはたくさんの家族がいて、中にはまったく知らない家族もいるかもしれない。私たちは皆、自分の家族だと気づかなかった人と気まずい電話やFaceTimeをしたことがある。出身地がどこであれ、引っ越し先がどこであれ、とても遠い家族がいたからだ。だから、これから何が起こるのか、どうなるのか、精神的に心の準備をするんだ。でも、初対面だとちょっと気まずくなるし、いろいろ言われるし、どうしたらいいかわからないから、相手の言うことに何でも従う。

それが私にとってラテンアメリカ人であるということなんだ。とても複雑なことかもしれないけれど、10代の私たちや子供にとって、親に何が起こっているのかを理解するのは難しいことだから、やりながら学んでいくんだ。両親のストレスを目の当たりにすることも多いし、どう反応していいかわからない。でも、そういうときに一番いいのは、親を慰めることだと学んだ。私たちがそこにいることは、両親にとって大きな意味がある。親は私たちを愛していることを示さないかもしれないし、言ってくれないかもしれない。


ラテンアメリカ人であることは、私にとってとても意味のあることです。私の両親は、私に多くの機会を与えられるよう、より良い生活を与えるためにアメリカに移住しました。より良い教育を受け、大きくなったら好きなところに旅行できる。年を取ったら、いい仕事に就いてお金を稼ぐこともできる。


ラテンアメリカ人であるとはどういうことか?

私が思うに、ラテンアメリカ人とはヒスパニック系でありながら、人生の大半を英語圏で過ごした人のことだ。ヒスパニックであるということは、スペイン語を話し、その国の有名な食べ物や一般的な食べ物を食べるということです。家ではスペイン語を話し、スペイン語を話す。スペイン語はあなたの第一言語であり、あなたにとって重要なものです。なぜなら、スペイン語以外にどうやって家族や引っ越してきたばかりの友人、まだスペイン語を学んでいない友人とコミュニケーションをとることができるからです。確かに、ヒスパニックであることにはマイナス面もありますが、それが私たちなのです。ヒスパニックであろうとなかろうと、完璧な人間などいません。

ヒスパニック系は休日を別の次元に引き上げる。母国から家族がやってきて、おそらくあと1週間は持つであろう料理を大量に作り、12時過ぎまで起きている。その間、パーティーは始まったばかりだ。ヒスパニックであることはとても楽しいことだが、いつも酔っ払っている家族がいるなどのマイナス面もある。すべての人がそうではないかもしれないが、そういう家族もいる。正直言って、家族との信頼関係が築けなくなるのは悲しいことだ。 

喫煙や薬物などの依存症にかかっている人がいる家庭もありますが、それもまた悲しいことです。自分の家族、自分の血を分けた家族が、必要でないことをして身を滅ぼしていくのを見ているのですから。ヒスパニックであるということは、それなりに違うということです。 

でも、それが彼らの文化であり、私たちには私たちの文化があることを理解しなければならない。 

さて、アメリカ人であることの意味に話を移そう。アメリカ人であるということは、イギリスの国に生まれたということであり、私たちは互いに大きく異なっている。アメリカやアメリカ人といえば、肌の色だ。正直に言えば、アメリカ人は簡単なんだ。僕らヒスパニック系は白人じゃないから、扱いが違う。アメリカ人の中には、私たちの肌の色や文化に問題がある人もいる。私たちが彼らに何か言うと、彼らは即座に移民に電話しろとか、国に帰れとか、タコスを作りに行けとか、そういうことを言って私たちを脅す。フェアじゃないと思う。ヒスパニック系であることはまた、怖いことでもあります。というのも、私たちの中には、移民局が私たちの家までやってきて、私たちを連れて行くのではないかという恐怖を常に感じながら生きている人もいるからです。 

アメリカ人であることについて悪いことばかり言っているけれど、それ以外は、アメリカ人はとても楽しくて、とてもクールなんだ。例えば、7月4日のような祝日には、花火をしたり、炊き出しをしたり、とにかく楽しい時間を過ごすことができる。カーニバルやフェアもあるし、遅くまでいれば花火も見られる。メモリアルデーは、陸軍やその他の支部に従軍した親族を称え、追悼する日だからだ。もし彼らがいなかったら、アメリカは今とはずいぶん違ったものになっていただろう。彼らのおかげで、今の私がある。

もうひとつ、アメリカの好きなところは食べ物だ。ヒスパニックの人たちは皆、書類や社会保障、パスポートを持っているわけではないので、一度国を出てしまうと後戻りはできません。だから、ヒスパニックの人たちが国を出るのは難しいのです。もう一つの利点は、医療保険に加入していることで、病院に行くのにそれほど高いお金を払う必要がない。もう一つのメリットは、かなりまともな家を買えることです。ほとんどのヒスパニック系住民は、そのような大金を手にすることはできません。というのも、ほとんどの場合、良い仕事に就くことができないため、給料が低くなってしまうのです。


ラテンアメリカ人であるとはどういうことか?実はその質問をよく受けるんだ。私はただ、素晴らしいけれど欠点もあると言いたい。文化、食べ物、ダンスなどは大好きだけど、人種差別、暴力、家庭問題などは別。悪いことがあった後でも、私はそれを誇りに思っている。ラテンアメリカ人であることで、頑張れば手に入れられるチャンスがたくさんある。私の両親は、私たちが良い機会に恵まれるようにとアメリカにやって来た。ラテンアメリカの子供たちの中には、そのことに気づかず、外に出て将来を棒に振ってしまう子もいる。ドラッグをやり、タバコを吸い、酒を飲み、真面目に学校に行かない。 

そういうことをする代わりに、外に出て良いことをしなさい。自分の文化に誇りを持ち、自分の物語や言語を分かち合う。両親が育った音楽で踊りましょう。ラテンアメリカの文化は、アステカ、インカ、マヤといった昔からある。当時彼らがしていたことのいくつかは、今でも私たちの文化に使われています。自分がラテンアメリカ人であることを人に伝えることは、とても素晴らしいことだ。その悪い面は、メキシコ人、サルバドル人、ドミニカ人などという理由で嫌われるだけで、人々はとても残酷になるということです。メキシコ人だから、サルバドル人だから、ドミニカ人だからというだけで、とても残酷になる。私たちは彼らを無視することに慣れてしまった。彼らは、"私たちは彼らとは違うから "という理由で、あなたが失敗するのを見たいのだ。

それがラテンアメリカ文化のラテンの部分だが、今度はアメリカの部分だ。ここで生まれたというだけで、多くの利点がある。実際に、ここで生まれたというだけで、さらに好感を持つ人もいる。また、ここで生まれたということは、より安全であるという好感のようなものです。言葉も簡単に学べる。他の国で育って、この国に来たばかりの人たちは、英語を理解するのも学ぶのも難しい。人生の大半をスペイン語しか話さなかった人を助けるのもいい気分だ。自分と同じような人だが、自分が苦労したことで彼らを助けることができる。 

もうひとつは、完全なラテン系の人たちよりもチャンスがあるバイカルチャーがどんなものかということだ。私はここで生まれたから、権利も書類もあるし、自由もある。しかし、もうひとつは、人々が自分たちの言語を忘れ始めることだ。学校で一日中、一週間の大半を英語で過ごすから、英語しか話せない。 

自分がどこから来たのかを思い出すことは重要だ。だから、自分の文化を受け入れよう。たとえそれがラテンアメリカの両側から来たものであっても、ラテンアメリカ人であることがどんなものかを示そう。


Spencer Tuinei
  • コミュニケーション・スペシャリスト
  • スペンサー・トゥイネイ
ja日本語