コンテンツへスキップ 翻訳メニューへスキップ

最終更新日12月 5, 2023

ポリシーNo.3412 自動体外式除細動器(AED)

このAEDプログラムの目的は、可能な限り、学校の正規の授業時間中、および正規の授業時間外に行われる学校主催のアクティビティにおいて、心臓突然死(SCA)の犠牲者(生徒、職員、保護者、来賓)にタイムリーに対応することです。

各学校および学区の施設には、1台以上のAEDが設置される。原則として、小学校には1~2台、中学校には2~3台、高校には3~5台のAEDを設置します。

各校舎へのAEDの設置は、以下の基準に基づいている:1)タイムリーな対応を提供するという目標、2)学校主催の活動中に開閉される施設の部分、3)ビデオカメラによる監視。

学校長および施設管理者は、基本的な応急手当および心肺蘇生法(CPR)の資格を持ち、除細動器に関する特別な訓練を受けた個人からなるチームを特定し、維持する。これらの人物は、SCA が発生した場合の一次対応者とみなされる。しかし、SCA発生時には、一次対応者または高度医療従事者が到着するまでの間、ボランティア対応者が対応し、CPRや除細動などのケアを提供することが奨励されています。

校長または指名された者は、地区のAED保守点検手順に従って、各AEDを毎月点検する。

ユタ州心臓突然死生存法(Sudden Cardiac Arrest Survival Act)によると、人がSCA状態であると合理的に判断した場合、心肺蘇生法(CPR)を実施したり、AEDを使用したりするのに、訓練や資格は必要ない。心停止状態にある人にCPRを実施したりAEDを使用した人は、同法に記載されている条件に従って民事責任を問われることはない。

AEDを使用する可能性がある場合は、9-1-1へ通報する。

理事会は、教育長に対し、SCA事故への対応、被害者へのAEDの投与、AEDの維持管理について、地区職員が研修を受けられるような手順を作成するよう指示する。

参考文献

ユタ州法26-8b-201

SCA被害者へのAED投与における法的免責

教育委員会承認

2015年6月9日

ja日本語