ナビゲーションをスキップする

2月4日(木)は、ロック・キャニオンの5年生にとってコロニアル・ストア・デイだった。生徒たちはブースからブースへと行き交い、模擬通貨を握りしめて商品を買い求めた。

学期の初めに、生徒たちは植民地時代を学んだ。生徒たちは、近々行われるコロニアルストアのイベントについて説明され、お金を貯めるか、課題をこなしたり良い行いをすることでお金を得る機会を探すようアドバイスされた。このプロジェクトの目的は、生徒たちに経済、投資、税金について学ぶ魅力的な活動を提供することであった。

この経験を十分に理解するために、5年生の教師たちは、靴下を履いているというような馬鹿げた理由で生徒たちに税金をかけ始めた。これらの奇妙な税金は、壺から無作為に引き出されたもので、税金は学期中どんどんひどくなっていった。多くの生徒たちは、ジョージ3世が砂糖や切手、その他さまざまな品物に対して課税したときに、初期の入植者たちが経験した不満をすぐに理解するようになっていた。

課税が終わった後、生徒たちは苦労して稼いだお金を使って成功を祝うことができた!コロニアル・ストア・デイは大盛況で、生徒たちは経済学と勤勉の達成感についてより深く学んだ一日となった。

Kate Simpson
  • ケイト・シンプソン

黒人歴史月間に加え、2月は当地区ではキャリア・アンド・テクニカルを祝う時期でもある。

ja日本語