コンテンツへスキップ 翻訳メニューへスキップ

フランクリン小学校の4年生は先日、水の循環に関するインタラクティブなプレゼンテーションを通して、水を身近に感じる機会を得た。

雨水バン」としても知られるこのプレゼンテーションは、郡事務所のジェニー・デブリンが担当した。この授業は、ユタ郡内の4年生の各教室で毎年行われている。

生徒たちは、ユタ郡の飲料水に影響を与える有害物質や汚染物質について学び、驚きを隠せなかった。雨水排水口の模型に汚染物質を流し込み、きれいな水と汚れた水の違いを見ることができた。ジェニーは、「雨は排水溝にしか流さないで!」という言葉を紹介しながら、水をきれいに保つことの大切さを生徒たちに教えた。

この体験型プレゼンテーションを通して、フランクリンの生徒たちは水の循環について学び、水をきれいに保つために自分たちができることを発見することができた。

Shauna Sprunger
  • コミュニケーション・コーディネーター
  • ショーナ・スプランガー
ja日本語