ナビゲーションをスキップする

ニューヨーク・タイムズより - "Up to 100,000 Taxpayers Compromised in FAFSA Tool Breach, I.R.S. says" "内国歳入庁は木曜日、ハッカーが学資援助を申請するためのオンラインツールを使用している学生を装ったスキームを通じて、10万人もの納税者の個人情報が漏洩した可能性があると発表した。

窃盗団が盗んだデータを使って30万人以上の確定申告書にアクセスし、不正な申告をして還付金を得た2015年以来の大規模な情報漏洩となるかもしれない。 攻撃の可能性が明らかになったのは、IRSが3月上旬、教育省のウェブサイトにあるFAFSA(連邦学生支援無料申請)に納税情報をインポートするために家族が使用していたデータ検索ツールを停止した後だった。このシャットダウンは、学資援助申請シーズンの真っただ中であったため、複雑なFAFSAフォームに記入しようとする保護者や学生の怒りを買った。

NYTの記事の続きはこちら。

DRTを使用してIRSからデータをインポートする代わりに、FAFSAに財務情報を手入力した場合は、情報漏洩の影響を受けません。

記事によると、「...IRSは、8,000件未満の不正申告が行われ、処理された結果、還付金が発行されたと考えている」とのこと。しかし、「前年度以前の」税務情報への変更に伴い、今年FAFSAを早めに提出し、IRS Data Retrieval Toolを使用して税務情報をインポートした多くのユタ州民の一人である場合、個人情報と身元が安全かつ確実に保たれていることを確認することが賢明です。以下は、あなたができるいくつかのことです:

  1. 銀行口座、クレジットカード、会員権などに「初期詐欺警告」をかける。 初期詐欺警告とは何ですか?
  2. 信用報告書を入手し、確認する。不正確な情報、誤った情報、不正請求などがないかを注意深くチェックする。
  3. 個人情報およびIDの窃盗に関するFTCガイドの全文はこちらをご覧ください。

FAFSAの提出がまだの方で、IRSのデータ検索ツールを使わずに学資援助申請書を提出する方法を知りたい方は、以下を参照してください。 "FAFSA:IRSデータ検索ツールなしで乗り切る方法"

Shauna Sprunger
  • コミュニケーション・コーディネーター
  • ショーナ・スプランガー

黒人歴史月間に加え、2月は当地区ではキャリア・アンド・テクニカルを祝う時期でもある。

ja日本語