ナビゲーションをスキップする

ボイド・マカフィー氏がプロボ高校の校長に就任した。彼は2017年6月から暫定校長を務めていた。 このポジションの面接は1月23日(火)に行われ、1月25日(木)にはプロボ高校のコミュニティが最終候補者2人と会う機会を得るためのコミュニティ・フォーラムが開催された。 マカフィー校長はこのフォーラムで非常に好評を得た。

プロボで生まれ、オレムで育ったボイドは、過去20年間プロボに住んでいる。BYUで学士号と教育リーダーシップ修士号を取得。 ボイドは、英語教育、社会科、第二言語としての英語を教える資格を持っています。ボイドは2002年にインディペンデンス高校で英語と社会科を教え、その後2007年にインディペンデンス高校の副校長に任命された。2009年から2010年にかけては、スパニッシュ・フォーク高校、ディクソン中学校、スプリング・クリーク小学校で管理職研修。 その後、2010-2011年度にプロボ高校で英語教育を担当。2011年秋にはセンテニアル中学校の副校長に抜擢され、2012年にはプロボ高校の副校長に就任した。 この間、ボイドはユタ州中等校校長協会からアシスタント・プリンシパル・オブ・ザ・イヤーにノミネートされた。

ボイドは教育者時代に多くの功績を残している。PCSDのプロボ・ウェイ賞(2015年)、PCSD財団のビルディング・オン・エクセレンス賞(2011年)、BYUリーダーシップ準備プログラムのサバティカル・アンド・スポンサーシップ賞(2009年)、プロボ教育協会のティーチャー・オブ・ザ・イヤー(2005年)、インディペンデンス高校PTAゴールデン・アップル賞(2004年)を受賞。

ボイドは、プロボ高校の優秀さという長い伝統に参加できることを光栄に思っている。

Caleb Price
  • コミュニケーション・ディレクター
  • カレブ・プライス

黒人歴史月間に加え、2月は当地区ではキャリア・アンド・テクニカルを祝う時期でもある。

ja日本語