ナビゲーションをスキップする

昨日、地区内の4、5、6年生がティンプビューの講堂でユタ・シンフォニーの演奏を鑑賞した。

生徒たちは、クラシック音楽がいかに物語を語ることができるか、そして物語の重要な要素である特定の楽器の聴き方を学んだ。交響楽団は、「美女と野獣」を象徴する「はげ山の一夜」などの曲を演奏した。指揮者は、登場人物を表す特定の楽器を指摘し、生徒たちに物語を生き生きと伝える手助けをした。

交響楽団は「シンフォニー・イン・ザ・スクール」プログラムの一環としてティンプビューを訪問。訪問に先立ち、教師にはコンサートの準備に役立つ資料が配布される。また、音楽のコア・カリキュラムをサポートするためのアクティビティも提案される。

コンサートの終盤、生徒たちは同調圧力に対処するための重要なレッスンを受けた。オーケストラの指揮者は、ピアプレッシャーのさまざまな段階を物語る曲を紹介し、生徒たちに一緒に歌わせた。彼は、曲の一部が「さあ、やってみろ」、「ドキドキしながら叩く...」、「でも、それは正しくない」などのフレーズに似ていると説明した。

生徒たちは、ユタ・シンフォニーの演奏を聴くだけでなく、クラシック音楽を通して人生における重要な教訓を学ぶことができた。生徒たちに音楽の力を教えてくれたユタ・シンフォニーに感謝するとともに、彼らの訪問を可能にしてくれたすべての関係者に感謝する。

Shauna Sprunger
  • コミュニケーション・コーディネーター
  • ショーナ・スプランガー
ja日本語