ナビゲーションをスキップする

学生データのプライバシー

はじめに

プロボ市学区は、生徒のプライバシーを保護し、生徒と職員双方のデータセキュリティーを確保する道徳的、法的責任を認識しています。ユタ州の生徒データ保護法(SDPA)、UTAH CODE ANN.§ 53A-1-1401 to 14011 (2017)は、プロボ市学区がデータのプライバシーと保護に完全に対応するデータガバナンス計画を採用することを要求しています。データガバナンスとは、データ収集と情報管理に対する組織的なアプローチであり、データの取得から使用、そして最終的には収集したデータの廃棄に至るまで、データのライフサイクル全体を包含する一連の方針と手順として形式化されたものです。データガバナンスは、これらの課題に対する解決策を考案し、LEAにおけるデータ管理方法を一元化するためのアプローチである。また、連邦法、州法、理事会規則の遵守を確保するのにも役立つ。

デュアル・ランゲージ・イマージョン・インビテーショナル、1月18日

プロボ市学区では、小学生に高いレベルの教育を受ける機会を与えている。

2024-2025年度オープンエンロールメントおよびデュアルランゲージエンロールメントの開始について

2024-2025年度に向けて準備を進めるにあたり、保護者の皆様にオープンエンロールメントと...

奉仕の季節 サンクスギビング・ディナー・イベントに参加しませんか?

この度、「奉仕の秋」サンクスギビング・ディナー・イベントを開催する運びとなりました。

ja日本語