コンテンツへスキップ 翻訳メニューへスキップ

この記事は、マーケティング・コミュニケーション・インターンであり、プロボ高校の学生でもあるメイジー・スミスが執筆した。

プロボ高校の廊下を歩く生徒の中で、カミラ・ベレスは称賛に値する特別な生徒として際立っている。彼女は、生徒会、全国優等生協会、DECAの間で、クラブからクラブへと忙しく駆け回るタイプの人間だ。

DECA(Association of Marketing Students)は、高校生や大学生がマーケティング、金融、ホスピタリティ、マネージメントなどの分野で活躍できるよう、世界規模で準備する非営利団体である。カミラのやり抜く姿勢とマーケティングへの関心は、彼女の行きたいところへ連れて行ってくれるだろう。しかし、彼女には経験が必要だった。高校生として経験を積むのは難しい。そこでDECAの出番だ。 

カミラは2年生の時からDECAに参加している。DECAに参加したのは、ビジネスについてもっと学びたいという思いと、マーケティングの将来に興味があったからだ。カミラはDECA内のさまざまなビジネス運営コンテストに参加しているが、緊張はいつもそこにある。 

DECAの大会で彼女が直面する問題は、大会前の不安だ。人前で話すことへの不安は、多くの人が共感できるものだ。カミラを助けてくれたのは、彼女の素晴らしいDECAアドバイザーであり、先生でもあるイーディ先生だった。

彼女は彼のことを、自分の長所を認識し、大会前に必要な自信を与えてくれたメンターだと考えている。

カミラはビジネスの世界で成功したいと願う生徒の一例だ。彼女は、人前で話すことに関する恐怖に直面しなければならなかった。DECAを通じて、彼女はその恐怖を克服するためのサポートを受け、今ではビジネスに関係するかどうかにかかわらず、どんな挑戦にも挑戦する準備ができている。

このように、DECAは、卒業後の社会人としての能力を向上させながら、友人たちとのリスクの少ない環境の中で、恐怖に立ち向かうレジリエンスを学ぶコースなのだ。カミラはインタビューの最後に、他の学生、特にマーケティングやビジネスに興味のある学生にDECAを強く勧めた。 

Provo City School District
  • プロボ市学区
ja日本語