コンテンツへスキップ 翻訳メニューへスキップ

最終更新日9月 27, 2023

ポリシーNo.

ユタ州の義務教育法では、6歳以上18歳以下の生徒の保護者は、プロボ市教育委員会方針第3155号「未成年者の就学を許可する」に定める例外が適用されない限り、就学年齢の生徒を就学させ、学校に通わせなければなりません。

プロボ市教育委員会は、生徒の定期的な出席が学習の成功の基礎となる重要性を認識しています。出席が生徒の学力向上に極めて重要であることは、研究でも裏付けられています(Ginsburg, et al, 2014)。時間通りに出席することは、生徒の達成度を高めるための重要な出発点です。生徒の欠席や遅刻によって失われた学習機会は、埋めがたい学習ギャップを残すことになる。

保護者、生徒、学校関係者は、優れた授業への出席につながる決定を下すべきである:

  1. 本ポリシーに定める免除がない限り、生徒は時間通りに登校し、履修している各授業に各時間出席することが求められる;
  2. 保護者は、学齢期の子供がユタ州の法律で義務付けられている通りに登校することを保証し、本ポリシーの規定と定義に定められている正当な理由で欠席する場合には、学校に通知することが期待されています;
  3. 教師は、生徒の登校を促すような安全で魅力的な教室を作り、慢性的に欠席している生徒には、なぜ学校を休んでいるのか、どうすればもっと規則正しく登校できるのかを、協力的な方法で聞き出す。
  4. 学校の管理職員は、保護者を合理的に受け入れ、生徒の不登校や慢性的な欠席の問題を解決するための努力を記録しなければならない。

理事会は、生徒が地区の教育プログラムの恩恵を受けられるよう、生徒の出席を管理し、 州の義務出席法に概説されている要件を満たすための手順を開発するよう、教育長に指示する。

手続きには以下のものが含まれる:

  1. 定義 - 主要な定義、期待、およびポリシー実施のための追跡;
  2. 一般的な手続きと要件 - 生徒、保護者、従業員の役割;
  3. 不登校と慢性的欠席への段階的対応-生徒と保護者に提供されるコミュニケーション、介入、段階的支援の概要;
  4. 学校単位の出席手続き-施設単位の出席ガイドラインに対する手当;
  5. 学生の会員数と在籍者数 - 学生の会員数を計算する際に、学生の出席率と参加率を計算する際の指針。
  6. 不服申し立て手続き - 地区の介入および懲戒処分に不服を申し立てるための適正手続き。

法律と研究 参考文献とあらすじ

ユタ州法53G-6-201ほか。

義務教育

ユタ州法53G-6-801ほか。

親の権利

ユタ州法53G-8-211

学校での行動への対応

ユタ州法53G-9-202

怪我や病気の子供の親への通知

ユタ州法53G-9-801ほか。

ドロップアウト防止回復・補習プログラム

ユタ州行政規則R277-419

生徒会計

ユタ州行政規則R277-607

欠席と不登校の防止

Ginsburg, Alan, Phyllis Jordan and Hedy Chang, "Absences Add Up: How School Attendance Influences Student Success," Attendance Works, August 2014.

教育委員会承認

2013年8月13日

更新日2023年6月13日

手続きとフォーム

ja日本語