ナビゲーションをスキップする

プロボ市学区には2人の素晴らしいナバホ族の女子生徒がおり、先週の土曜日にパークシティで開催された文化的、奉仕的なリーダーシップ・ページェントに参加し、上位入賞を果たしました。リリー・ジャンセンさん(プロボ・ピークスの生徒)はミスShiyazhi(第1位)の栄冠に輝き、マイヤ・ジャンセンさん(センテニアル・ミドルの生徒)はミスHozho(第2位)の栄冠に輝きました。

ページェントに参加するためには、少女たちは一定の奉仕時間をこなし、ナバホの文化が自分たちにとってどのような意味を持つかを示す文化的なプレゼンテーションをしなければならなかった。

ミス・シヤジ・プリンセス・ページェントは、ユタ州で毎年行われている「ネイティブ・エルダー・プログラム(Adopt A Native Elder Program)」から生まれたプログラムです。 アドプト・ア・ネイティブ・エルダー・プログラムの目的は、ナバホ居留地に住む80人以上のナバホ族の長老に食料、水、薪、医療用品を提供するための資金を集めることです。ネイティブ・アメリカンのコミュニティでは、年長者は若い世代に愛と教えを与える存在として尊敬され、高い評価を受けています。

今年、リリーとミヤはAdopt A Native Elder Programの代表/アドボケイトを務めます。彼らの責任には、ナバホの文化とプログラムを代表し、全国的なリーダーシップ・イベントやパウワウに参加することが含まれます。彼らが代表を務めるプログラムは、ナバホ族の過去と現在の闘いを学び、ネイティブ・エルダー・コミュニティを支援し、非ネイティブ・コミュニティを教育する刺激となるでしょう。

彼女たちの素晴らしい模範と努力に祝福を送りたい。

Shauna Sprunger
  • コミュニケーション・コーディネーター
  • ショーナ・スプランガー

黒人歴史月間に加え、2月は当地区ではキャリア・アンド・テクニカルを祝う時期でもある。

ja日本語