ナビゲーションをスキップする

2022-2023年度に向けて、学区内のあちこちで生徒への門戸が開かれた。初めて校舎に入る幼稚園児から、公教育の最終学年を迎える高校3年生まで、生徒たちが校舎に戻ってきたことを誇りに思う。 

このギャラリーをご覧いただければ、新学期が始まってからの思い出の数々がおわかりいただけるだろう。 

Alexander Glaves
  • ソーシャルメディア/マーケティング・スペシャリスト
  • アレクサンダー・グレーブス

黒人歴史月間に加え、2月は当地区ではキャリア・アンド・テクニカルを祝う時期でもある。

ja日本語