ナビゲーションをスキップする

5、6年生のグループが4台の手作りロボットの周りに集まり、興奮のざわめきが空気を包んだ。それぞれのロボットは、円形のターゲットが描かれた大きなマットの上に置かれていた。表面にはさまざまな形や大きさの小物が散らばっていた。

司会のエイミー・ローゼンバルがゆっくりとカウントダウンした。「3...2...1...スタート!」。各チームの子どもたちは必死に、しかし整然とマットのどこかを指差し、おしゃべりをしながら、グループから選ばれたクラスメートがiPadを使ってロボットを操縦した。

白熱した競技会は、子供たち、担任教師、そして地区STEMのカリキュラム・スペシャリストであるローゼンヴァルによる2ヶ月間の努力の集大成だった。ローゼンバール氏は数ヶ月ごとに、ロボット工学への挑戦を希望するかどうかを確認するため、新しい教師たちに声をかけている(教師たちがローゼンバール氏を探し出したり、2回目の参加を希望したりすることもある)。教師が承諾すると、毎日時間を割いて生徒がマシンに取り組めるようにすることに同意する。その時間は通常、1日30分ほどであるが、人気があるためプロジェクトの終盤になると拡大することが多い。

彼らは、ロボットが取り組むべき課題を事前に知らされる。その課題にどのように取り組むかは知らされない。ロボットの作り方を段階的に説明されることもない。そして、ロボットを簡単に操縦できるようなクリーンなプログラムをインストールすることもない。

ローゼンボールが、若い人たちに工学の基本を教える上で重要だと考えているのは、問題解決である。だから、生徒のグループが自分のロボットアームが機能しないことに気づいたとき、ただ教師に助けを求めに行くことはできない。仮に助けを求めたとしても、教師はその問題について生徒たち以上に知らないことが多いからだ。その代わりに、マシンのために書いたコードを調べ、自分たちで問題に対処しなければならない。昨年、ある学生チームがクローアームでハードウェアの問題を経験したとき、彼らは他校の学生と連絡を取り合って問題を解決することができた。

ローゼンバルは、長年にわたって得た逸話を通して指導し、鼓舞することが多い。競技の目的であるターゲットの中心に物を移動させるために何を使うか、生徒たちが悩んでいると、彼女は教師時代のエピソードを披露する。

科学オリンピックのコンペティションに参加するため、生徒たちが参加できない種目があった。当時は相撲スタイルのバトルボット競技だった。しかし、ロボットのキットはあまりにも高価だった。彼女もクラスメートも、自分たちの手の届かないものだと受け入れていた。しかし、ある生徒は、高価なロボットキットのようなものに邪魔されるつもりはなかった。科学オリンピック大会の朝、全員がバスに乗り込むと、彼はローゼンボールに近づき、バトルボット競技用のロボットを持っていることを告げた。彼は自分の時間に、安いRCカーを1台手に入れ、ダクトテープで自作の金属製ちりとりを取り付けて、ブルドーザーのようなジャンキーなものを作ったのだ。

クリエイティビティに賛辞を送りたい、 彼女は自分自身に言い聞かせた。最下位でも入賞しないよりはマシだった。第1ラウンドでは、相手チームは美しい1Kキットのロボットを持っており、自分たちのマックガイバーで作ったおもちゃをそれと戦わせるのは笑止千万に思えた(実際、相手チームは笑っていた)。そして、ラジコンカーが千円マシンに近づき、雑巾で拾って土俵の外に置いた。彼女は自分が見たものを信じるのがやっとだった。もちろん、彼女にはもう一度......もう一度......もう一度見る機会が与えられ、彼らの "Little Robot That Could "はバトルボット・チャレンジで優勝した。

この物語は多くの重要な教訓を植え付けている。多くの障害は、お金をつぎ込むよりも、問題解決のテクニックを応用する方がうまく対処できる。子供の熱意は、大人の皮肉よりも成功への強い道であることが多い。そしてもちろん、多くの生徒がこの物語から得た最も大きな教訓のひとつは、ちりとりは 大いなる.

ローゼンボールがこのプログラムで成し遂げたことの重要性を過小評価することは難しい。彼女の当初の課題は、各教員の教室にロボット工学キットを配備し、教室でのSTEM学習を促進することだった。これは立派な目標だと感じたが、ローゼンヴァルの経験と直感は、教室の生徒の心に学習とSTEMを愛する心を植え付けるという目的を達成するためには、もっと効果的な方法があると彼女に告げていた。各教師にロボット工学キットを渡すのではなく、彼女は手持ちのキットを統合し、教室でのチャレンジでクライマックスを迎える2ヶ月のコースを作り上げた。

参加した教室に達成すべき目標を与えることで、生徒たちは絶えず熱中している。生徒たちは、立ちはだかる障害を乗り越えるために必要な活力を得ている。また、各教室には4台ほどのロボット・キットがあるため、生徒たちはマシンの細部に触れることができ、小さなチームで効果的に働くことができる。

このような活動は、明らかに男性の観客を引きつけることで悪名高い。ローゼンヴァルの目標のひとつは、各教室の女子生徒の心をつかみ、幼い頃から驚きの感覚を植え付けることだった。この目的のために、彼女は、自分たちがやっていることの背後にある物語を見れば、女子がロボット工学に参加する可能性がずっと高くなることを発見した。教室での競技は、その物語を作るために部分的にデザインされている。そして、時間切れになると自分のロボットを指差して叫ぶ女の子のグループから判断すると、彼女は大成功を収めている。

現在、このプログラムは比較的小規模だ。キットは全部で4セットほどあり、地区全体で4クラスが一度に参加できることになる。しかし、プログラムの規模や予算からすれば、このプログラムは十分な成果を上げている。このプログラムの素晴らしい点のひとつは、その拡張性である。資金が増えればロボット・キットも増える。

Alexander Glaves
  • ソーシャルメディア/マーケティング・スペシャリスト
  • アレクサンダー・グレーブス

黒人歴史月間に加え、2月は当地区ではキャリア・アンド・テクニカルを祝う時期でもある。

ja日本語