ナビゲーションをスキップする

今年度、当校の全校生徒が特別アート・コンテストに参加した。幼稚園から高校までの生徒が、共感と理解を呼び起こす芸術作品を制作した。ポスターサイズの作品から、陶器のボウル、3D溶接彫刻まで、幅広いアートが入選した。

各作品は、年齢別(1~2年生、3~4年生、5~6年生、中学生、高校生)に審査され、地区総合優勝が選ばれた。

スプリング・クリーク小学校のアンジョリーさん、おめでとうございます!

アンジョリーは、共感とは他者への優しさであり、人々が必要としているときにそれを助けることだと信じている。アンジョリーは人を描くのが大好きで、人は芸術にとって最も興味深い題材だと考えている。アンジョリーは美術の授業と美術の先生が一番好きだという。

スプリング・クリークの美術教師、ブリアナ・ロバーツは、アンジョリーが家で絵を描くのが好きなのがすぐにわかったという。「彼女はプロセスを大切にし、絵の具の一筆一筆に注意を払っています。彼女は今年、アーティストとして大きく成長しました。

これは、ディストリクトのエンパシー・アート・コンテストに関する4回シリーズの最初の記事です。今週中にもっと見ることができますので、お楽しみに!

芸術への情熱:アンジョリー、スプリング・クリークの小2優勝者

各作品は年齢別(1~2年生、3~4年生、5~6年生、中等教育、中等教育)に審査され、地区総合優勝者が選ばれた。

スプリング・クリーク小学校のアンジョリー、素晴らしい、期待に満ちた作品をありがとう。

アンジョリーは、エンパワーメントとは他者との絆であり、人々が必要とするときに手を差し伸べることだと信じている。人々を描くことが好きで、芸術にとって最も興味深いテーマは人であると考えている。アンジョリーは、一番好きなのは美術の授業と美術の先生だと言う。

スプリング・クリークの美術教師であるブリアナ・ロバーツは、アンジョリーが家で絵を描くことをとても楽しんでいるとすぐにわかったと語った。「アンジョリーは家で絵を描くことをとても楽しんでいる。エラは今年、アーティストの仲間入りをした。

本記事は、"ディストリクト・エンパシア芸術コンテスト "に関する5部構成の記事の第4部である。1、2、3番目の記事はこちらをご覧ください。

Spencer Tuinei
  • コミュニケーション・スペシャリスト
  • スペンサー・トゥイネイ

黒人歴史月間に加え、2月は当地区ではキャリア・アンド・テクニカルを祝う時期でもある。

ja日本語