ナビゲーションをスキップする

ピーナッツバターとゼリーのサンドイッチと地質学にどんな関係があるのだろう?ハッチ先生の5年生のクラスは、この「地震サンドイッチ」が山がどのように形成されるかを完璧に示していると言うだろう。

来訪者でUVUのクリスティナ・デイヴィス教授の指導のもと、ワサッチ校の学生たちは、日常的な調味料(パン、ピーナッツバター、オーツ麦、ゼリー)を何層にも重ねたセディメント・サンドイッチを作った。

地質学者が岩石の層を研究するとき、それらは水平か、ほぼ水平であることが多い。しかし、曲がっていたり(褶曲)、割れていたり(断層)する層がしばしば見られる。

これを実演するために、デイビスは子供たちにサンドイッチをそっと折り曲げ、前後に曲げるように指示した。

その他の体験ステーションでは、さまざまなタイプの浸食や風化、風速、石膏地形、火山による山の堆積などの実験が行われた。

「生徒たちはこの地質学の学習ユニットを楽しんでいます。

「地質学を勉強するときは、このことが私たちの周りの土地を理解することにどのように当てはまるかを、必ず振り返って話すようにしています」。

これは地質学者の誕生になるかもしれない!

Shauna Sprunger
  • コミュニケーション・コーディネーター
  • ショーナ・スプランガー
ja日本語