ナビゲーションをスキップする

今年の選挙まであと1週間となり、期日前投票はすでに始まっている。 プロボ市学区が今年の投票用紙に起債案を掲載していることにお気づきでしょう。 私たちは、提案されている内容について、皆さんに情報を提供したいと思います。  

プロボ市教育委員会は、ティンプビュー高校建て替えの第一段階を完了させるため、$8千万ドルの起債を検討するよう有権者に求めている。教育委員会は、ティンプビューのニーズを理解するため、様々な建物の専門家に意見を求めた。この調査の結論は、ティンプビューは劣化が続いているというものであった。提案されている債券は、既存の劣化が進行し、建物がもはや安全でなくなることがないようにするためのものである。最も大きな影響を受ける部分については、生徒が引き続き建物を利用できるような方法で対処する。 区は、生徒と職員が健康と安全に対して深刻なリスクをもたらす建物にいることがないよう、州のリスク管理および複数のエンジニアと緊密に協力してきた。

詳しくはウェブサイトをご覧ください。 provo.edu/2020bond.

Shauna Sprunger
  • コミュニケーション・コーディネーター
  • ショーナ・スプランガー

黒人歴史月間に加え、2月は当地区ではキャリア・アンド・テクニカルを祝う時期でもある。

ja日本語