ナビゲーションをスキップする

プロボ高校の生徒だったレイチェル・マクロスキー(現ヘンリクセン)が、ユタ現代美術館で個展を開く。

展覧会は今週11月1日(金)に開幕し、軽食付きのオープニング・レセプションが開催される。展覧会は「Knew/New」と題され、1970年代のパターン&デコレーション・ムーブメントの多文化的アプローチ、美学、アイデアを中心に展開される。

ユタ現代美術館のウェブサイトには、「ヘンリクセンの作品は、さまざまなソースや経験からのパターンとの関わりから成長する視覚的な物語を構築する。パターンは、自然や人間の形を参照した流動的で有機的な形と交差し、重なり合い、別の現実へのアクセスポイントとして機能する。作品はシステムやヒエラルキーを確立し、それを断ち切り、中断させることで、視覚体験をナビゲートするための新たなフォームを生み出す」。

レイチェルさん、おめでとうございます!UMOCAはソルトレイクシティの20 S. West Templeにあり、City Creek Mallのすぐ西、Abravanel Hallに隣接しています。展覧会は2020年1月18日まで。

Shauna Sprunger
  • コミュニケーション・コーディネーター
  • ショーナ・スプランガー

黒人歴史月間に加え、2月は当地区ではキャリア・アンド・テクニカルを祝う時期でもある。

ja日本語