ナビゲーションをスキップする

青少年に自尊心、自己価値、勇気を育むことは、教師にとって無形で困難な任務に思えるかもしれない。しかし、ティンプビューの音楽教師ラッセル・オリファントの生徒たちにとって、これらの価値観は、自分たちの技術を微調整することで調和していく。

オリファントの生徒たちは、カメラと正面から向き合った。何人かの生徒が、カメラの前で演奏することに興奮を示した。カメラに映ることに興奮している生徒を見るのは珍しいと私が言うと、オリファントはこう答えた。彼らは観客の前でパフォーマンスするのが大好きなんです」。

フレッシュマン・コンサート・グループは、誰かが音叉を叩くようにチューニングを整え、調和のとれたキーに研ぎ澄まし、"Johnny Said No "を歌った。生徒たちは、下の写真のように楽々とこの曲を歌い上げた。

ラッセル・オリファントは音楽に囲まれて育った。「家族全員が音楽好きで、兄弟全員が楽器を演奏するんだ。「母方の親戚は、家族の再会を歌う機会にしている。私は8歳頃から音楽を始め、音楽教師になりたいと思っていました。

ラッセル・オリファントは自分では決して言わないが、その音楽的能力と理論的知識において名人芸を発揮する。アコーディオンやディジュリドゥといった珍しい楽器を含め、24の楽器を演奏する。音楽に対する深い理解は、演奏のさまざまな側面について語るときに使われる、既成概念にとらわれない例え話にも表れている。直近のコンサートの技術的な側面を確認した後、彼はコンサートのエチケットについて語り、バックグラウンドノイズやディスカッションを「アートキャンバスに散らばった落書き」に例えた。それは意図せず演奏の質を濁してしまう」と述べた後、彼らのコンサート・マナーの良さに感謝していると述べた。

生徒たちに自ら生み出す興奮を芽生えさせるのは、デリケートなプロセスだ。オリファントは、アカペラ・グループの両分野における成長について、いくつかの見識を披露した。「今年のアカペラは、最近素晴らしいコンサートを開いています。先日のセイント・ジョージ旅行までは、集中力に少し問題がありました。生徒たちは、集中力のないリハーサルと集中力のあるリハーサルの違いを探るワークショップを選びました。ちょうど3学期のコンサートをやったところですが、このグループでやった中で最高のコンサートでした。"

ラッセル・オリファントは、クラスを卒業する生徒たちへの希望を語った。「たとえ教会や大学の合唱団であったとしても、十分な音楽技術を身につけ、音楽家を目指すようになってほしい。私の家族もそうでした。音楽は決して強制されるものではなく、好きで選んだものなのです。自分で成長するための道筋を示すことが重要なのです。音楽への愛情を植え付ける手助けをすること、それが私の目的です。"

Spencer Tuinei
  • コミュニケーション・スペシャリスト
  • スペンサー・トゥイネイ
ja日本語