ナビゲーションをスキップする

今年、4人の新しい司書が地区内の様々な学校に着任しました。オリビア・カーター(ウェストリッジ)、マーナ・レインズ(ティンパノゴス)、マリアンヌ・クラチェック(エッジモント)、カラリー・フィッシャー(サンセット・ビュー)です。地区内の皆さんに彼女たちを紹介するため、それぞれの素晴らしい女性にスポットを当てています。

マーナ・レインズはティンパノゴス小学校の新しい司書である。ティンパノゴスで働く前は、3人の息子を持つ専業主婦として働いていた。ブリガム・ヤング大学で歴史の学位を取得。

ティンパノゴス小学校で司書として働くのが好きなのは、子どもたちと親しくなり、彼らが好きな本を見つける手助けをするのが好きだからだ。図書館にいないときは、家族と過ごしたり、映画を見たり、素晴らしい本を読んだりするのが好きだ。彼女の最大の功績は、3人の素晴らしい息子たちの母親になったことだという。

ティンパノゴス小学校の図書館に立ち寄って、メルナさんを歓迎しましょう!

Shauna Sprunger
  • コミュニケーション・コーディネーター
  • ショーナ・スプランガー

黒人歴史月間に加え、2月は当地区ではキャリア・アンド・テクニカルを祝う時期でもある。

ja日本語