ナビゲーションをスキップする

「ディクソン中学校の生徒でカインドネス・クラブのメンバーであるココは、「誰かに感謝の気持ちを持つことができれば、いつでも自分の見方が変わります。"私は彼らを全く違う人間として見ることができます。"

今月のテーマである「感謝」の一環として、私たちはディクソン・ミドルスクールを訪れ、生徒たちが11月中だけでなく、毎日どのように感謝を祝い、分かち合っているかを見学した。

ディクソン中学校のソーシャル・ワーカーであり、カインドネス・クラブの顧問でもあるシャンテ・ハレルは、生徒たちに感謝についての考えを尋ねることからミーティングを始めた。

「感謝の気持ちを分かち合うと、誰かの世界を変えられるような気がして、心が晴れやかになります」と別の学生は言った。

「その通りだ。親切な行為は、別の親切な行為を触発することができますよね?"

慈善的な善意を受け継いでいこうと、生徒たちは紙に感謝のメッセージを書いた。生徒たちは、両親、兄弟姉妹、友人、教育者など、生徒たちの人生に良い影響を与えてくれた人々への感謝を述べた。

手紙を書いた後は、生徒一人ひとりの写真と感謝のメッセージを撮影し、学校全体で友人や家族とビデオを共有する予定だ(近日中に紹介する予定)。

以前にも申し上げましたが、繰り返しになります:カインドネスクラブは文化を創造するものです。カインドネス・クラブは、生徒たちが仲間のためにスペースを確保し、互いの違いを称えることで周囲を成長させることを教える。このクラブは、生徒たちが自分自身と周りの世界を変える方法について瞑想する、マインドフルネスに特化した時間なのだ。

彼らは私たちに、感謝とはクラブ、教室、家庭など、どこにでも根付くことができる積極的な慈愛のプロセスであることを思い出させてくれる。彼らの例は、感謝が自分自身の成長にとって重要であるのと同様に、他の人々にとっても重要であることを示している。

共感することが時代遅れであるとか、素朴であるといった文化的風潮があるとき、学生たちが優しさを広めることに献身的であることを知るのはいいことだ。

Spencer Tuinei
  • コミュニケーション・スペシャリスト
  • スペンサー・トゥイネイ
ja日本語