ナビゲーションをスキップする

子供を育てるには村が必要だ」という格言を聞いたことがあるだろう。Get The Scoop on Career and Technical Education (CTE)のイベントでは、多くの著名な学校、教育者、地元産業界のパートナーが、進路に注目し、プロボの若者たちを教育する。

UVU、UVU Aviation、MTECH、MTECH Diesel Tech、Provo City School DistrictのBioTechnology、LifeFlight、近隣のNebo Districtなど、60以上のブースが、主に中学生を対象とした来場者に、それぞれのキャリアパスについての見識を披露した。 

本校の教務厨房から漂う焼きたてのクッキーやチョコレート菓子の香りから、建築製図室から聞こえるダービー・ホイールの滑るような音まで、進路やクラス編成、同時履修の機会について話を始めるきっかけとなるアクティビティがたくさんある。

なぜこれほど多くの教育関係者やコミュニティ・パートナーが、Get the Scoopのようなイベントのために団結する必要性を感じるのかと疑問に思うかもしれないが、それには大きな理由がある。ユタ州教育委員会(USBE)は、このイベントの価値をうまくまとめている:

「ユタ州のビジョンは、すべての生徒が高校在学中に大学の単位を取得する機会を活用し、高度な学問的訓練を通じて時間と費用を節約し、産業ライセンスや準学士号を短期間で取得できるようにすることである。 

USBEによると、27,000人以上の高校3年生と4年生が、州全体で188,000時間の大学レベルの単位を取得した。

以下のキャリア・クラスターにまたがって、あらゆる興味や夢に対応するブースが用意された:

  • 農業、食品、天然資源
  • 建築・建設
  • アート、オーディオビジュアル、コミュニケーション
  • ビジネス、金融、マーケティング
  • コンピューター・サイエンス&インフォメーション・テクノロジー
  • 教育・トレーニング
  • エンジニアリング&テクノロジー
  • 健康科学
  • ホスピタリティ&ツーリズム
  • ヒューマン・サービス
  • 法律、公安、矯正、警備
  • 製造業
  • 輸送、流通、ロジスティクス

動物ふれあいコーナー、冷凍トレーナー、ブラシボット、ロゴ作成ステーション、AIマーケティングテストラボ、オペレーションゲームステーション、ロボットアーム大会、コーディングパズル、手術シミュレーター、美容学ブース、サイバーセキュリティデモ、消防装備、溶接ステーション、サーマルドローン、そしてアイスクリーム。そしてクッキーも。

スクープ・イベントは、高校進学の達成に向けた、そしてそれ以上に重要な、人生の充実と安定に向けた、有意義な第一歩となった。それはとても素敵なことだと思う。

Nebo、MTech、Provo City School District、そしてUVUの代表者、先生方、専門家の皆様、本当にありがとうございました。青少年が将来に向けて確実に準備できるようにすることは、大規模な事業であり、あなた方のおかげで可能なのです。

Spencer Tuinei
  • コミュニケーション・スペシャリスト
  • スペンサー・トゥイネイ

黒人歴史月間に加え、2月は当地区ではキャリア・アンド・テクニカルを祝う時期でもある。

ja日本語