ナビゲーションをスキップする

センテニアル中学校の生徒たちは、2018年の地域サイエンスボウルでアイダホ州西部地区で1位となり、優秀な成績を収めた。

この地域はユタ州、アイダホ州西部、ワシントン州東部の学校で構成されている。さらに、生徒たちと担任のアシュリー・ダマバンディ先生は、今年4月にワシントンDCで開催される全国大会への出場権を獲得した。ユタ州の中学校で全国大会に出場したのは、センテニアル校が初めてである。

エネルギー省が1991年に創設したナショナル・サイエンス・ボウルは、数学と科学の分野で優秀な成績を収め、これらの分野でのキャリアを目指す学生を奨励することを目的としている。27年の歴史を通じて27万5,000人以上の生徒が参加し、全米最大規模の科学コンテストとなっている。

チームの親切さと優しさは、センテニアル校と地区を代表するものでした。生徒たちは素晴らしい経験をし、様々なSTEMの背景を持つボランティアに出会い、次の試験分野を勉強するために、これまで以上にわくわくしながら学校に戻ってきました:生命科学、地球と宇宙(地質学と天文学)、物理科学、数学、エネルギー(統計学、政府研究所の最新研究、環境)。

今年のセンテニアルでのサイエンス・ボウルは、すでに多くの関心を集めていたが、これによって科学研究への興奮がさらに高まり、より多くの生徒が将来のキャリアで科学を追求するようになることを期待したい。

リージョナル・サイエンス・ボウルにおいて、センテニアル校を代表する素晴らしい活躍をした以下の生徒と先生を表彰したいと思います。

  • サラ・バート
  • ジョセフ・カマーチョ - チームキャプテン
  • ジョセフ・カールストン
  • イーサン・エルズワース
  • アシュリー・ダマヴァンディ氏 - CMSサイエンスボウルコーチ

ナショナル・サイエンス・ボウルに続く彼らの健闘を祈る。

Shauna Sprunger
  • コミュニケーション・コーディネーター
  • ショーナ・スプランガー

黒人歴史月間に加え、2月は当地区ではキャリア・アンド・テクニカルを祝う時期でもある。

ja日本語