ナビゲーションをスキップする

以下は、ユタ州保健福祉資源局のニュースリリースからの引用である。

米国疾病予防管理センター(CDC)は、5歳以下の小児に対するCOVID-19ワクチン接種の推奨を発表しました。米国食品医薬品局(FDA)は、COVID-19ワクチン接種の対象となる全年齢(6カ月以上)に対して、ファイザーとModernaの両mRNAワクチンの使用を許可した。以前はファイザー社のワクチンだけが18歳未満の小児に使用可能でした。

この最年少年齢グループのワクチンは、6月20日の週にユタ州に到着し始める。最初の分量は週の初めに、別の分量は週の後半に届く予定である。ユタ州保健福祉局(DHHS)によると、医療機関はすでに32,300人分のワクチンを注文している。

今後数日から数週間にわたり、地元の保健局、一部の薬局、医院などのプロバイダーが、ユタ州の若年層へのワクチン接種を開始する。ワクチンプロバイダーのリストは コロナウイルスのウェブページ.

この最年少年齢層のワクチンは、すべての場所ですぐに入手できるわけではない。保護者の方は ワクチン を参照して、どの医療機関で低年齢の小児用ワクチンが接種可能か確認するか、または子どものかかりつけの医院や地域の保健所に電話して、予防接種のスケジュールについて問い合わせてください。

詳細はこちらをご覧ください。 coronavirus.utah.gov/ワクチン またはCOVID-19ホットライン(1-800-456-7707)までお電話ください。

Alexander Glaves
  • ソーシャルメディア/マーケティング・スペシャリスト
  • アレクサンダー・グレーブス

黒人歴史月間に加え、2月は当地区ではキャリア・アンド・テクニカルを祝う時期でもある。

ja日本語