ナビゲーションをスキップする

施設局は昨日、ユタ州での地震活動の結果、ティンプビュー、ディクソン、ワサッチを視察した。

以下のことが確認された:

  • ティンプビュー高校 地区のメンテナンススタッフと構造エンジニアが、THS キャンパスの安全性を点検・評価した。 新たなストレスの兆候がいくつか見られたが、建物に戻るために必要不可欠なスタッフの生命/安全上の懸念を引き起こすようなレベルのものはなかった。 午後/夕方の清掃チームは、昨夜のシフトのため、建物内で作業することが許可された。 全体として 現在、従業員がビルに入ることに懸念はない。
  • ディクソン中学校 構造に新たなストレスの兆候なし。 必要不可欠なスタッフはディクソンキャンパスの全エリアへの立ち入りが許可されている。
  • ワサッチ小学校: 構造に新たなストレスの兆候はない。 職員は引き続きワサッチ・キャンパスの全エリアに立ち入ることができる。
Caleb Price
  • コミュニケーション・ディレクター
  • カレブ・プライス

黒人歴史月間に加え、2月は当地区ではキャリア・アンド・テクニカルを祝う時期でもある。

ja日本語