ナビゲーションをスキップする

ヨーヨーの糸、甘い飲み物、ペットのサンショウウオに共通するものは何だろう?

アメリア・イアハート小学校のSTEMフェアでは、これらのテーマが(他のテーマも含めて)実験として取り上げられた。

12月13日(金)、本校は地域住民を対象としたSTEMフェアを開催した。体育館が一杯になる中、多くの生徒が発表した作品の質の高さに驚嘆した。 

STEMフェアのコーディネーターを務めるクリフトン・テイラーは、「これはこれまでで最大のSTEMフェアです」と語った。

「今年は(6年生だけでなく)4年生と5年生にも開放することにした」。

「若い学生たちの応募の多さには驚かされました!子供たちが科学に夢中になっているのを見るとうれしくなります。"

各6年生の教師は「教師が選ぶ賞」を授与することができたが、次のラウンドに進む者を決める得点は、USシンセティックとユタ・バレー大学の審査員によって決定された。 

「公認ジャッジが生徒にフィードバックしてくれるのはいいことだ」とテイラーは言う。 

"私たちは、生徒たちが新しいアイデアと貴重な見識を得ることができると感じています"

アメリア・イアハート小学校は、生徒たちが成し遂げたことを誇りに思っています。誰が次のラウンドに進むのか、楽しみでなりません! 

学校のSTEMフェアについての詳細は、お近くの学校までお問い合わせください。 

Shauna Sprunger
  • コミュニケーション・コーディネーター
  • ショーナ・スプランガー

黒人歴史月間に加え、2月は当地区ではキャリア・アンド・テクニカルを祝う時期でもある。

ja日本語